Home > 趣味の旅の記録 > 芸術の秋は限定公開に走る

芸術の秋は限定公開に走る

平成23年の第63回正倉院展にこの秋も絶対行く!と心に決めていましたが、実はこの時期、京都の1週間だけ公開される寺院の秋の特別拝観の時期と重なっているんですね。仕事の関係で、行けるのは最終日の2日。秋バラも見たい、正倉院展も見たい、特別拝観も見たい!の中で組んだ行程です。

旅の行程

■タイムスタンプ
・JR新大阪→霊山寺→食事→興福寺→第63回正倉院展
・JR新大阪→妙法院
■使用切符
・大阪・奈良フリー切符

霊山寺

・近鉄(飛鳥→富雄)→奈良バス(富雄駅→霊山寺)
・神仏霊場、奈良15番
・拝観料:800円。「秋バラと秘仏宝物展2011」込み。

rose1111a.jpg
黒真珠
rose1111b.jpg
名残のバラ園
rose1111c.jpg
バラ
rose1111d.jpg
名残の白薔薇
rose1111e.jpg
黄色のミニバラ
rose1111f.jpg
名残のミニバラ
甘味(喫茶プリミエール)
・今回も期間限定オープンの喫茶店へ、猫まっしぐら。
・もちろん、薔薇のアイスクリームとローズティとケーキのセットを注文しました。
薔薇のアイスクリーム
薔薇のアイスクリーム(600円)
ケーキとローズティセット
ケーキセット(600円)
食事
・仙人亭で親子丼を注文。卵に綴じてある三つ葉がシャキシャキで激ウマでございました。
・仙人定食(数量限定)は売り切れでしたので、次回はこちらを食べたいです。

興福寺

・神仏霊場、奈良16番
・国宝特別公開:北円堂秋季特別公開、三重塔特別開扉
・金堂と国宝館は常時拝観出来ます。

奈良国立博物館:第63回正倉院展

・17:30から入場できるオータムレイトチケット利用:700円。
・初出陳の「沈香把鞘金銀荘刀子(じんこうのつかさやきんぎんそうのとうす)」が今回の目玉ですが、お土産の「黄熟香(おうじゅくこう)」のレプリカ・チョコレートの方が気になりました。ブッシュドノエルサイズの特大チョコレートで、すでに当日分は完売してましたが、普通に食べて食べきれるのか!?

妙法院門跡

・JR(新大阪→京都)→市バス(京都駅→東山)
  JRも市バスも混雑してます。9時台だったのでまだ途中下車するゆとりがありました。
・神仏霊場、京都39番
・第47回 京都非公開文化財特別公開、妙法院:平成23年10月30日〜11月6日 9:00〜16:00 拝観料:800円
・思っていたより拝観する人少なめ。普段公開していないし、ガイドブックには載らないからかな。
・各部屋解説付きでじっくり拝観できました。
・常時拝観出来るのは、普賢堂のみ。
お土産いろいろ
nara1111miyage.jpg <奈良のお土産いろいろ>
自分へのご褒美は、来年の干支マスコット人形・竜。龍村美術織物作。
  ・ひげの部分には裂地 『早雲寺文台裂』
  ・マスコットが着ている服地には、経錦「鱗形吉祥龍文」(うろこがたきっしょうりゅうもん)

Home > 趣味の旅の記録 > 芸術の秋は限定公開に走る