Home > 趣味の旅の記録 > 滋賀、紅葉の近江路

滋賀、紅葉の近江路

今年の紅葉は数年ぶりに美しいとの前評判で、できるならそれを堪能したい!でも、そういうときに限って、休みの目処がギリギリまで立たないジレンマ。綱渡り的に宿を確保し、定期観光バスツアーも使用しながらのお出かけとなりました。

旅の行程

■タイムスタンプ
・米原→西明寺→食事→金剛輪寺→百済寺→永源寺→彦根(泊)
・彦根→長浜八幡宮→舎那院→大通寺→甘味→龍遊館→多賀大社→胡宮神社→彦根城・玄宮園
・彦根→宝厳寺→食事→彦根城→米原
■使用切符
・定期観光バスツアー「湖東三山と永源寺めぐり」、SSフリー(近江鉄道)、彦根・竹生島1dayフリーパス

米原

滋賀のお寺は車移動が前提というのがほとんどで、公共交通機関を使っての参拝は、正直、厳しいものがあります。しかし、昨年あたりからシーズン限定で、有名な古刹を結ぶシャトルバスの運行が始まりました。当初は、自分でシャトルバスの運行に合わせてお寺巡りをする予定でしたが、計画する時間が確保できず、シャトルバスの運行元会社のサイトに載っていた「定期観光バスツアー」に申し込みました。トップシーズンで、しかも見頃の土曜日と重なったため、定員ギリギリの滑り込みセーフ。じっくりマイペースで拝観するのは二の次で、とにかく、参拝して御朱印をいただくのだ!

西明寺

・近江鉄道の定期観光バスツアー「湖東三山と永源寺めぐり」。
・神仏霊場・滋賀4番
・お庭には、不断桜がちらほら咲いていました。
・紅葉のお寺として有名なだけあって、それなりに人が多いです。が、歩く時間を調整すれば、人通りのない時間帯ができるので、タイミングを見計らって写真を撮りました。
・やわらかめのお香「不断桜」を購入。
食事
・定期観光バスツアーなので、当然、食事付き。
・交通渋滞を加味して、食事時間短縮!普段、そういう時間で食べてるので、特に問題なし。
・外のカウンターで食後のドリップコーヒー。これが、意外なほど美味しかった!

金剛輪寺

・神仏霊場・滋賀3番
・「血染めのもみじ」で有名な紅葉のお寺。本当に見事に真っ赤でした。
・エキゾチックな香りの「曼荼羅香」を購入。

百済寺

・神仏霊場・滋賀9番
・紅葉もですが、三つ叉があちこちに植えてあります。春が楽しみかも。
・広場に桜が咲いていました。もちろん、激写!
・桜の横に、お線香の出店、発見!香りに惹かれて、沈香系の「閑林」を購入。

永源寺

・神仏霊場・滋賀8番
・参道はもみじの回廊です。4つのお寺の中では1番有名なのかな。
食事
・観光中は、渋滞に巻き込まれることなくほぼ定刻通りでしたが、彦根に入ってから駅付近で渋滞に遭遇。30分くらいバスの中で寝てました。
・ホテルに到着したとき、体力が回復していたので、夕食を食べに出かけました。
・どこへ行っても近江牛…。結局、「お造り懐石」を食べました。

長浜八幡宮

・JR(彦根→長浜)、徒歩15分
・神仏霊場・滋賀5番
・健康長寿・ぼけ封じで有名な、高宮神社が末社としてあります。

舎那院

・長浜八幡宮のすぐ隣。
・むびょうたん霊場。6つのお寺でひょうたんをいただくことで「むびょう=無病」だそうです。
・芙蓉の寺として有名らしい。季節外れですが、咲いている木がありました。
・御朱印をいただく際に、お堂に入らせていただきましたが、実に見事な愛染明王さまとお堂でした。

大通寺

・大きな門構えのお寺が見えたので、ふらふらと直進。本堂は無料。
・大門の欄間の彫り物がすごいの一言。龍の目が入ったまま!疲れが吹っ飛びました。
・回廊続きの別棟は、有料:500円。見応えたっぷりの襖絵など、眼福です。
・ノーチェックのお寺だったのですが、拝観出来てよかったです。御朱印はありません。
甘味
・お寺を出て、すぐのコーヒーショップ。アンティーク風のお店で、ジャマイカ産豆の本格派です。
・あまりにも美味しかったので、豆を買いました。家族用なのでブレンドをチョイス。

海洋堂フィギュアミュージアム・龍遊館

・入場料:800円。懐かしのフィギュアを1体もらえます。もちろん、ペンギンを選びました。
・懐かしのフィギュアがたくさんあって、オタク世界にトリップ。

多賀大社

・JR(長浜→米原)→近江鉄道(米原→多賀大社前)、徒歩15分
・神仏霊場・滋賀1番
・こちらの紅葉も見事です。が、七五三の家族連れで、境内は大賑わい。ゆっくり写真を撮るのは無理でした。

胡宮神社

・多賀大社から国道を歩くこと約20分で到着。ただし、国道沿いなので車の往来が激しいです。
・境内から湖を望む紅葉の美しさは、素晴らしいの一言です。
・和菓子屋さんが来ていたので、餡餅を購入。紅葉の下のベンチで食べました。
・ご神体は、青龍山。つまり「山」です。

多賀SA

・帰路は、高速道路の下を道なりに歩いて、約20分。バスもあるんですが、乗り損ねました。
・徒歩でもSAに入れることを発見!水分補給に活用です。すんごい車の量でした。
・久しぶりに使ったSAは、いろんな意味で設備が変わってました。
・駅までの道は車もそれほど多くなくて、紅葉が綺麗でした。歩いてる観光客は、私くらいか。

彦根城・玄宮園

・ライトアップ。夜間拝観料:500円。ホテルで前売りチケットを購入すれば400円です。
・入り口で貸してもらえる「ひこにゃんちょうちん」が、とにかく、かわいい!

宝厳寺

・西国三十三所、神仏霊場・滋賀6番
・拝観料:400円、宝物館入場料:300円
・本殿は、弁財天をお祭りしています。観音堂は、少し下あたりの建物です。
・紅葉が綺麗です。階段を上がって、宝物殿へ。個人的にはツボな宝物がたくさんあって眼福です。

竹生島神社

・解体修理中。
・白龍・黒龍をお祭りしてあるお宮があります。
・しゃもじがあるので???でしたが、平清盛と関わりのある神社で納得。
食事
・天ぷらそば。
・お茶とそばの揚げ菓子が最初に出てきます。締めは、もちろん、そば湯。

彦根城

・城と庭の拝観料:600円。博物館は別料金でセットだと1000円。
・お目当ては、ひこにゃんなので、13:30の登場時間を見計らって、博物館へ。
・15分前だとガラガラで、最前列をキープできました。が、ひこにゃん登場前に「本日は入れ替え制です」の案内板がでました。実際、すごい人でした…ひこにゃん人気、恐るべし。
・庭園は昨夜見たので、ひたすら天守閣を目指す!
甘味
・三度目の正直で、ずっと気になっていた城前の和菓子屋さんへ。
・団子セットをチョイス。
・桜の葉を敷いたお団子と、みたらし団子が激ウマでございました。

JR新大阪駅

前回、コインロッカーが使えなくて、途方に暮れたのは記憶に新しいところですが。今回もあちこち工事中で、いつものお店が見つからず、苦労しました。改札から出れば、お気に入りのお店があることはわかってるんですが、切符の都合上、今回は出られないんですよね。最後の最後で罠にはまった感じ。なにはともあれ、無事に帰れてよかったです。

Home > 趣味の旅の記録 > 滋賀、紅葉の近江路