Home > 趣味の旅の記録 > 奈良、琵琶の響きはコスモス

奈良、琵琶の響きはコスモス

去年、オータムレイトチケットで楽々鑑賞できたので、今年もそれで行くか、と軽い気持ちで奈良国立博物館へお出かけしました。ついでだから、同時期に開催される興福寺の特別展と、まだ花が残っている般若寺にも行って、ここのところずっと買いそびれていた森の奈良漬けを買って…と、ホント、ざっくりな日程で新幹線に乗ったのでした。

旅の行程

■タイムスタンプ
・JR新大阪駅→般若寺→食事→興福寺→甘味→東大寺→第62回正倉院展→JR新大阪
■使用切符
・大阪・奈良フリー切符

般若寺

・JR(新大阪→奈良)→奈良交通(JR奈良→般若寺)。徒歩約3分。
・関西花の寺第17番
・拝観料:500円。特別拝観:200円
・別名、コスモス寺。通常は10月中旬から11月上旬ですが、今年は猛暑の影響か、開花が若干遅かったようです。花の終わりもずれたので、個別に写真を撮るには十分な花の宴でした。種類が多いのがポイント。
・白鳳秘仏もコスモスの開花に合わせて公開。銅鑼を打って宝蔵堂に入れていただきます。とてもかわいい仏様たちにうっとり〜。
食事
・般若寺を出て、ほぼ正面に植村牧場があり、そこのレストランでランチ
・ランチメニューは決して多くありませんが、予約をすればフルコースもOK。
・ハンバーグカレーと別棟でソフトクリームを食べました。

興福寺

・奈良交通(般若寺→県庁前)。信号を渡れば、参道です。
・北円堂秋の公開。
・興福寺国宝特別公開2010。五重塔初層・東金堂後堂・東金堂が拝観できます。
・国宝館まで含めると、それなりの拝観料がかかりますが、興福寺友の会の会員は葉書持参で優待の適用があります。
・国宝館は50分、他は説明を聞く順番待ちでそれぞれ約10分程度、待ち時間がありました。今回も団体客で檄混みの国宝館はパス。
甘味「空気ケーキ」
・14時を少し過ぎた頃といえば、どこも人・人・人で、ゆっくり拝観するのは無理。それなら腹ごなしをかねて、甘味処まで歩くことにしました。約30分、奈良町を散策です。
・空気ケーキでティータイム。テラス席でアイスティといちじくのタルトをチョイス。
・地元でも人気のお店らしく、お持ち帰りのお客さんがひっきりなしでした。

東大寺

・バスは相変わらず動いていないようです。徒歩約30分。16時前に境内へ入りました。
・拝観料500円。
・拝観受付が16:30までということもあり、境内はいつもより少し空いていました。ミーハーぶりっこして、写真もそれなりにパチリ。
・帰りにすれ違った団体さん、拝観できたのかな?と他人事ながら心配しました。

奈良国立博物館・第62回正倉院展

・17:30から入場できるオータムレイトチケット利用:700円。
・タイムスタンプと展示物の感想は、こちらです。
・価値観はひとそれぞれですが、19年ぶりに公開された古代の五弦琵琶「螺鈿紫檀五絃琵琶」は、並んでまでも見る価値はあったと思います。
食事
・特設テントの休憩所で販売していた「わさびの葉寿司」のお弁当を購入。
・いつもは近鉄の大和八木駅でしか買えないのでラッキー。おかず付きで幸せ。

Home > 趣味の旅の記録 > 奈良、琵琶の響きはコスモス