Home > 趣味の旅の記録 > 飛鳥の古墳壁画、四神降臨!

飛鳥の古墳壁画、四神降臨!

第5回国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開があり、見学者募集のニュースを見て、ダメ元で応募したら、今回はあまり競争率が激しくなかったらしく、めでたく当選しました。時期を同じくして、キトラ古墳の壁画も同時公開!これは、もう行くしかないでしょう。古墳壁画が、私を呼んでいる〜。

旅の行程

■タイムスタンプ
・JR新大阪駅→廣瀬大社→食事→法隆寺→中宮寺→高松塚→飛鳥資料館→泊(大阪)
・霊山寺→今宮戎神社→食事→JR新大阪
■使用切符
・大阪・奈良フリー切符

廣瀬大社

・JR(新大阪→法隆寺)。徒歩約30分。
・神仏霊場、奈良18番
・距離を短縮するために、社の裏手から入りました。一の鳥居から入るためには、さらに歩く必要があります。境内が結構広い!
・カキツバタが見頃でした。6月は菖蒲で満開になるそうです。
・お社は小さめですが、左近の桜と右近の橘があります。
食事
・奈良交通(JR法隆寺駅→法隆寺門前)、180円。
・法隆寺駅に戻ってきたら、すでに12時前。とりあえず来たバスに乗って法隆寺の門前へ移動し、エネルギー補給
・葛きりは以前食べたし、時間を節約したかったので、さっくり親子丼ですませました。
・普段なら塩気が気になる濃さですが、汗をかいていたこともあり、漬け物まで全部食べられました。

法隆寺

・神仏霊場、奈良13番。拝観料:1000円。
・春の特別展(秘宝展)公開中。別に500円必要。
・国宝級の仏像等は宝物館に収納されています。保存という点ではやむを得ないのかもしれないけれど、本堂で拝観したかった。だって、あれでは、単なる美術品…。
・夢殿の内部が公開されてます。独特のお顔ですね。

中宮寺

・法隆寺の夢殿からすぐ。
・神仏霊場、奈良14番。
・拝観料:500円。
・近代的なお堂の中に。

これって、どうよ?

・朱印帳は、入口で預けて入ります。が、2人体制にもかかわらず、要領が悪いというか、はっきりいってずさんです。神仏霊場の朱印帳では、お願いしたページとは全く違うページに記帳されました。番号札が指定したページに挟んであったのにもかかわらず、です。隣り合わせのページに書いたというのなら、まだ「忙しいから間違ったんだな」と諦めもつきますが、挟んである番号札を無視して、適当にめくって空いていたページに書いた感じ。
・ほかにも別のお寺で間違えられたことがありますが、そのときはとても丁寧な対応で、間違えたことをこちらが恐縮するくらいお詫びされました。でも、今回は…。以前も門跡寺院でしたが、中宮寺はなんだかなー。二度と行きたくないお寺かも。
高松塚
・JR(法隆寺→奈良)→近鉄(奈良→飛鳥)→かめバス(飛鳥駅前→高松塚)
・タイミング悪く、コンサート客とブッキングし、通勤ラッシュ並のバスでの移動となりました。
・指定時間の5分前から受付→説明10分、見学10分→アンケート記入
・どうして高松塚古墳の壁画がカビてしまったのか、誰に責任があるのか。そのあたりは、グレーのまま。
・実物をガラス越しに見学しますが、近くにある3つの石塊以外は、はっきりと見えません。カメラで見せてくれるとか、もう一工夫欲しいところです。そうはいっても、「生」で見られたのは感動。たとえ、色褪せていても、ね。
食事
・かめバス(高松塚→飛鳥資料館前)
・バス停前の休憩所で、ワサビの葉巻寿司とくず餅で早めの夕食。
飛鳥資料館
・臨時バスのおかげで、夕方遅い時間でも見学できます。日中は、入館制限があったみたい。
・「飛鳥光の回廊」イベントででろうそくが準備されています。京都と違って、こちらはホンモノのろうそくを使用します。
・剥ぎ取られた四神、全てが公開です。実物はかなり小さい。白虎と玄武はそれなりにわかりますが、青龍は無残。朱雀もまあまあ。今度はしっかり次世代へ引き継いでいただきたいものです。
・資料館前の特設テントでグッズを購入。見栄えのよい玄武と白虎のグッズが増えてゆく〜。重いの覚悟でカタログも買いましたよ。
・奈良交通(飛鳥資料館前→橿原神宮前)→近鉄(橿原神宮前→鶴橋)

霊山寺

・近鉄(鶴橋→富雄)→タクシー(1110円)
・神仏霊場、奈良15番
・拝観料600円。通常は500円ですが、バラ園公開時期だけ100円up。
・本尊薬師三尊、三重塔内壁画ご開帳(100円)。バラの開花にあわせてご開帳するそうです。
・三重塔内の壁画は日の当たり加減によって見え方が変わってきます。少し早かったのですが、色々なお話も聞けてじっくり仏様と目を合わせてきました。
・バラ園は、まだ蕾が多いですが、喫茶店がオープンしていたので、ローズティとケーキを食べました。

今宮戎神社

・奈良交通(霊山寺→富雄駅前)→近鉄(富雄→難波)。徒歩20分
・神仏霊場、大阪4番。スサノオ神社
・南海線の今宮戎駅前にある神社ですが、「今宮戎」は、高野線でしかも難波行きでしか止まらないので、1kmだから、と歩きました。が、炎天下で結構辛かった。体力を搾り取られた感じ。
・この前はお祭り前で境内に舞台などがセットされて手狭な感じでしたが、今回は普通に広々。
食事
・難波まで戻って、遅めのランチ。
・オススメの「だし巻き卵定食」にしました。疲れすぎていると肉類は食べられない。

その他

・時間的には、もう一ヶ所行けたのですが、炎天下の往復2kmが思いの外堪えまして、今回はこれで終了。
・旅の目的は、飛鳥の古墳壁画見学でしたので、あまり欲張らず、というところでしょうか。
・神社仏閣もいいけれど、たまにはもっと古い時代の遺跡に浸るのもいいなあ。

Home > 趣味の旅の記録 > 飛鳥の古墳壁画、四神降臨!