Home > 趣味の旅の記録 > 百花繚乱、立てば石楠花、座れば牡丹、歩く姿はドタ足ペンギン

百花繚乱、立てば石楠花、座れば牡丹、歩く姿はドタ足ペンギン

いつもは閑散期を狙って朱印集めに勤しんでいるわけですが、たまには、オンシーズンに出かけてみたくなりまして、どうせ行くなら、メジャーな花巡り!花の王・牡丹と石楠花を堪能することにしました。
花の時期に合わせて秘仏などを公開するようですし、どうせなら、全部見ちゃえ!と、ゆとりをもったプランを立ててみました。

注:正しいことわざは、「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」です。

旅の行程

■タイムスタンプ
・JR新大阪駅→金峯山寺(吉野)→食事→大安寺→泊(大阪)
・大阪難波(近鉄)→長谷寺→室生寺→当麻寺中之坊→JR新大阪
■使用切符
・新幹線(e5489plus)、近鉄フリー切符

金峯山寺

・JR(新大阪→天王寺)→近鉄(大阪阿部野橋→吉野)→奈良交通(吉野→吉野中千本公園)。徒歩約10分。
・神仏霊場、奈良26番。拝観料:500円。
・吉野の奥千本は、まだ桜のシーズンらしく、近鉄吉野から臨時バスが出ていました。
hana1005-a.jpg(51863 byte)
・寺院内の柱がとにかくスゴイ。梨の木とか、規模が違います。
・吉野と言えば、南朝。他にも壬申の乱とか、いろいろドリームできます。
食事
hana1005-b.jpg(34600 byte)
・吉野から奈良まで、特急を使いまして、わさびの葉巻寿司を食べました。
・「子どもでも食べられる辛さですよ」と言われて初挑戦。スゴク美味しかった!
・買えるお店が限られているようなので、近鉄構内を要チェック。

大安寺

・近鉄(吉野→近鉄奈良)→奈良交通(近鉄奈良→大安寺前)
・神仏霊場、奈良4番。拝観料:800円。
・以前調べたときは、バスの便がものすごく少なくて無理と諦めたのですが、お店の出店で10分に1本という便利な交通体系に変わってました。
・最盛期の面影はありませんが、要所要所で、見所のある仏様とご対面できます。
・奈良交通(大安寺→近鉄奈良)→近鉄(近鉄奈良→大阪難波)→泊(大阪)

長谷寺

・近鉄(大阪難波→長谷寺)。徒歩15分
・牡丹祭にあわせて、近鉄急行の停車便が増発されています。普段は、急行が停車しません。
・神仏霊場、奈良22番。拝観料:1700円。特別拝観を全て含んだ額です。
・混雑するのはわかっていたので、8:30の開門と同時に入りました。すでに、人多し!
hana1005-c.jpg(74675 byte)
・入口から、牡丹を堪能できます。どこもかしこも、全て牡丹!そして、ひっそり石楠花も咲いています。
・牡丹もですが、カメラの品評会もできそうです。皆様、スゴイのお持ちですね。

特別講話

・境内の休憩所の至る所で、法話が聞けます。水分補給しながら気軽に、って感じ。
・体力の都合上、こまめに水分補給しないといけないので、居合わせた講話を聞きました。約15分くらいかな。

室生寺

・近鉄(長谷寺→室生口大野)→奈良交通(室生口大野→室生寺前)
・長谷寺と室生寺を結ぶ臨時バスもありますが、バス亭がわからず、結局、近鉄とバスを乗り継ぎました。
・神仏霊場、奈良23番。入山料:500円、特別拝観料600円。
hana1005-d.jpg(73466 byte)
・階段から見事に石楠花です。色はピンク系統が綺麗でした。
・入口の納経所では、朱印をひとつしかいただけません。が、本堂内の納経所では、他の種類もいただけます。
・混雑するのは、塔の前です。シーズンなのでそれなりに人が多いですが、花を撮るには問題なし。

当麻寺

・奈良交通(室生寺前→室生口大野)→近鉄(室生口大野→当麻寺)。徒歩10分
・神仏霊場、奈良19番。
・全ての埠頭をみるには、ちょっと時間が足りなかったので、神仏霊場の御朱印をいただくために中之坊に絞りました。
hana1005-e.jpg(88797 byte)
・当麻寺も牡丹で有名です。咲き終わりですが、その代わりに白藤を堪能しました。

Home > 趣味の旅の記録 > 百花繚乱、立てば石楠花、座れば牡丹、歩く姿はドタ足ペンギン