幕末〜明治、新選組関係(パロディ含む)本

タイトル 作者 発行 ひとこと
鬼哭 河惣益巳 白泉社 土方歳三もの。心理的時代劇
幕末新選組 池波正太郎 春秋文庫 永倉新八が主人公。
夜明けの雷鳴―医師・高松凌雲 吉村昭 文春文庫 新聞の書評を見て
百万石秘訓伝説(上・下) 羽太雄平 新人物往来社 加賀百万石本多家に伝わる家康の秘訓
暁の旅人 吉村昭 講談社 松本良順の一生
ふぉん・しいほるとの娘(上・下) 吉村昭 新潮文庫 女医を目指したイネの物語
日本医家伝 吉村昭 講談社文庫 幕末から明治の医師12家
ひなたの狼 1〜3巻 斉藤岬 幻冬社 女顔の土方。最初は面白かったんだけど…。
会津斬鉄風 森雅裕 集英社 5話が連鎖した物語。ノサダ・ファン必見。
無人島に生きる十六人 須川邦彦 新潮文庫 明治の海の男の漂流記
冗談新選組 みなもと太郎 イースト・プレス 三谷幸喜との対談が主。
コミックはわずかだが笑いの基本は押さえてある
土方歳三 壬生の銀狼 安曇もか他 学研 アンソロジー。イマイチ
新選組風雲録 洛中編 広瀬仁紀 文春文庫 ちょっとくどい。好みから外れるかな。
幕末青春伝説・新選組 かやまゆみ 講談社 お気に入りは照姫のお話。視点がおもしろい。
月明星稀-さよなら新選組(1〜7) 盛田賢司 小学館 絵は結構好みで展開も悪くはないが、途中で飽きた
新撰組異聞 夢天の花 日本ヒロイン物語 真崎春望 秋田書店 なんだか釈然としない物語
新選組アンソロジー壬生新緑伝 キルタイム
コミュニケーション
壬生時代メインの同人集
新選組アンソロジーダンダラ列伝 ジャイブ 4コマが多め。
土方歳三散華 広瀬仁紀 小学館文庫 土方さんの潔さがたまらない!
総司炎の如く 秋山香乃 文芸社
歳三往きてまた 秋山香乃 文芸社
沖田総司 煌の残像 服部あゆみ他 学研 アンソロジー。
新選組三番隊組長斉藤一 菊池道人 PHP文庫 やそとのエピソードは初めてかも
「新選組」の事情通になる! 岳真也 PHP文庫 さすがに細かいことが載っている。でもまだ役不足
新選組読本 日本ペンクラブ 光文社文庫
新選組超読本 別冊歴史読本 新人物往来社 そこそこにマニアックで、満足度は高い。
新選組大全史 別冊歴史読本 新人物往来社 全史として年表他あり。読みやすいと思う
明治維新・「あの人」のその後 日本博学倶楽部 PHP文庫 いわゆるこぼれ話だが、奥が深い
風雲児たち幕末編(1〜5巻) みなもと太郎 リイド社 イネからスタート。幕末にスポット。
北走新選組 菅野文 白泉社 野村利三郎ファンは絶対買うべし
歴史読本 新選組をめぐる女性たち 新人物往来社 組長だけでなく隊士をめぐる女性群像にもスポット
JIN(仁)(1〜4) 村上もとか 集英社 幕末末期にペニシリン。まさにセンセーショナル
新選組疾風伝-群狼の星-(1) 池辺かつみ/
高遠静(原作)
日本文芸社 十代初めの土方さんから。絵に付いていけなくて挫折。
新選組・斉藤一の謎 赤間倭子 新人物往来社 既刊本と重なる部分はあるが読むべき事は多い
黒龍の柩(上・下) 北方謙三 毎日新聞社 土方歳三主役。
そのとき歴史が動いた(3)
(日本の曙・幕末編)
NHK取材班・編 集英社 すでに知っている内容ばかりだったが、非常にわかりやすくまとめてあり、初心者にとってかなり親切な解説書だと思う。おまけについている、「もしものコーナー」が頷けて笑える。
そのとき歴史が動いた(4)
(明治黎明編)
NHK取材班・編 集英社
虎狼は空に 小説新選組 津本陽 文春文庫
小学館版・江戸時代新聞 大石学 小学館 記事として突っ込み方がイマイチ
江戸大名データ127人 別冊歴史読本 新人物往来社 思ったより知ってる人が多い。凡作資料
明治殺人剣−餓鬼・不破亮之介伝 峰隆一郎 祥伝社 藤田五郎は更に強い味方を得たのかなあ
明治讐鬼剣−魔剣・神陰流 峰隆一郎 祥伝社
謎解き新撰組マンガ列伝 別冊宝島 宝島社 漫画から入る新選組。有名どころの資料も多い。知らない作品が多くてびっくり。
偽書幕末伝(1,2) 榊涼介 電撃文庫 よくぞここまでかき回してくれました(笑)
風を継ぐ者 成井豊/真柴あずさ 論創社 同名の舞台シナリオ。でも、ナマには敵わない
獅子の棲む国 秋山香乃 文芸社 会津の山川浩が中心。藤田五郎も絡んでます。
空の石碑 篠田達明 NHK出版 幕府医官松本良順の西洋医学を武器に信念を貫いた生涯。
天璋院篤姫(上・下) 宮尾登美子 講談社文庫 島津分家の姫→島津本家養女→近衛家養女→13代将軍家定室→家達と徳川家に殉じた女丈夫
近藤勇白書 池波正太郎 角川文庫
新選組 原田左之助-残映- 早乙女貢 人物文庫 彰義隊滅亡後も原田は生きていた!がコンセプト
完全制覇幕末維新 外川淳 立風書房 歴史上の出来事と関連した人物の紹介。
SOHJI−幕末剣命伝− 美村あきの 講談社 少し変わった視点から総司を書いてます。総司を父の敵と狙うお秋との半分悲恋物語。
新選組(上・中・下) 村上元三 人物文庫 視点がちょっと変わっているというか…。面白いです。
新選組探索方 南原幹雄 福武文庫
土方歳三(1〜3) 峰隆一郎 時代小説文庫 五稜郭の降伏後は土方生存説を書く予定だったとか。途中で終わってるのが残念。
土方歳三 物語と史蹟をたずねて 童門冬二 成美文庫
沖田総司 物語と史蹟をたずねて 童門冬二 成美文庫
あさぎ色の風−Never end Herores2 車田正美 集英社 沖田総司を描いた1冊。でも途中で終わってる?
蒼狼の剣−グラフィックス新選組 山村竜也 PHP研究所 写真と短編からなる新選組史。視覚的に理解しやすい
幕末魔法陣(全5巻) 戸部けいこ 秋田書店 神と悪魔は背中合わせ。
それを克服した三島は医学の道に戻る。
新選組日記 木村幸比古 PHP新書 永倉新八、島田魁の日記。原文と現代語訳並列。
幕末浪漫剣 鳥羽亮 講談社 血気盛んな勝小吉と柘植恭之介の道場破りの狙いは自分達の道場を開く資金稼ぎの手段だった。
幕末純愛伝説 時をかけた少女たち かやまゆみ 講談社 和宮、幾松、お龍とまずは有名どころから。
飛べ!イサミ(全10巻) 長谷川裕一 NHK出版 主人公3人組は新選組の子孫にして小学生
幕末維新人物辞典 泉秀樹 講談社α文庫 主立った人物はほぼ網羅している。手元資料に便利。
真説新選組 山村竜也 学研M文庫 謎解き問答集みたい。
紅異草紙(全5巻) 藤馬かおり 集英社 幕末の京へ修業に来た会津藩士坂井閑真。新選組の斉藤とも親しく、彼の周りは事件がいっぱい。
沖田総司・六月は真紅の薔薇(全2巻) 三好徹 人物文庫 沖田の一人称「僕」には少し違和感がある。永倉さんが良い味出してます。
女陰陽師湖底の鬼 加野厚志 祥伝社文庫 八瀬と高杉晋作のコンビで池田屋事件の謎に迫る。
鬼界一族(全4巻) 沖田有美子 秋田書店 不老不死の天草四郎、土方歳三、おタマちゃん達が天才少年海くんと同居して織りなすホームコメディ。
幕末新人類伝 津本陽 文春文庫
爆笑新撰組 シブサワコウ コーエー 新撰組のエピソードで綴る幕末史。身近なネタが多い。
歴史に学ぶ生き残りの奇襲戦略 童門冬二 集英社文庫 したたかに非情な時代を生き抜いた風雲児の戦略。
女陰陽師 加野厚志 祥伝社文庫 和宮の降嫁をめぐる呪術合戦。凛とした宮様がいい。
沖田総司・暗殺剣 加野厚志 廣済堂文庫 京都三条大橋で出会った沖田総司と烏丸龍子。烏丸神社の巫女・千里眼の龍子と総司が千年の都に巣くう闇を斬る。いけずな龍子とパシリと化した総司の関係は清らかで面白い。
沖田総司・非情剣
沖田総司・魔道剣
沖田総司・獣王剣
渋沢栄一 童門冬二 人物文庫 ソロバンひとつで国を動かすのも男のロマン。
最後の幕臣勝海舟 童門冬二 成美堂出版 一番損な役回りに誇りを持って生きた男の物語
るろうに剣心(1,2) 和月伸宏/
静霞薫
集英社 コミック版の文字化。多少の肉付けはあり。
るろうに剣心(全28巻) 和月伸宏 集英社 明治11年、緋村剣心をめぐる維新物語
幕末 司馬遼太郎 文春文庫 井伊直弼暗殺に始まる幕末の暗殺話集。
坂本龍馬 黒鉄ヒロシ PHP研究所 内容ぎっしり。独特のコマ割りに慣れるまでは読み難い
新撰組 黒鉄ヒロシ PHP文庫 中身は濃いです。黒一色なのが味気ない。
明治暗殺刀 峰隆一郎 祥伝社 人斬り俊策の明治シリーズ。相変わらずモテまくり。
壬生狼伝 秋月こお 小学館文庫 おもいっきりボーイズラブです。沖田総司が主人公。テンポが早く、内容は濃いです。新撰組の上り調子の話がメイン。山南死後、急展開。
壬生狼伝2−池田屋騒動−
壬生狼伝3
そして春の月 生嶋美弥 芳文社 おもいっきりボーイズラブです。メインカップルは土方×沖田。脇で近藤×山南ほか。家茂公がワケアリで斎藤や沖田の知り人です。試衛館時代から京都に登るあたり。
明けゆく天〜そら〜
約束の丘・
散らない花
幕末風雲録・誠(全5巻) 伊織鷹治 講談社 土方歳三の生き方にスポットを当てた幕末物語。この土方さんは今までの中で一番好きかも知れない。
会津士魂(全13巻) 早乙女貢 集英社
続・会津士魂(全8巻)
松平容保 星亮一 成美文庫 徳川幕府の尻ぬぐいをさせられた悲運の生涯。
安政五年の大脱走 五十嵐貴久 幻冬舎 最後のどんでん返しが爽快。美雪姫も恋する女性だった
あさぎ色の伝説(全3巻) 和田慎二 白泉社 試衛館時代だけだなんてあんまりだ。これも打ち切り?
新撰組顛末記 永倉新八 新人物往来社 新聞に掲載された永倉新八の回想録
逆風に生きる-山川家の兄弟 中村彰彦 角川書店 物語というより資料集を読み解く感じ。文章も堅め。
燃えよ剣 司馬遼太郎 文藝春秋 土方歳三が主人公で、新選組ファンのバイブル。
乱世の主役と脇役 中村彰彦 文春文庫 目立つ人が必ずしも歴史を動かしているとは限らない。
松平容保は朝敵にあらず 中村彰彦 中公文庫 徳川幕府にあまりにも忠実すぎた名君。孝明天皇が長生きしていたら、と思わずにはいられない
海将伝 中村彰彦 角川文庫 情報こそが日露戦争における海戦勝利の決め手。
闘将伝 中村彰彦 角川文庫 会津の意地を西南戦争に見た。
幕末浪漫異聞 ほづみ有紀 集英社 女子学生が初めて新選組に触れるには良いかも。拘りのある新選組ファンには不評かも知れない。
名君の碑−保科正之の生涯− 中村彰彦 文春文庫 言わずと知れた会津の祖。読み応えたっぷりの一冊。
新選組剣客伝 山村竜也 PHP文庫 壬生浪士組から剣の使い手として近藤派と目された8人のエピソードあれこれ。全体的な人柄が忍ばれる。
鬼官兵衛烈風録 中村彰彦 角川文庫 まさに「鬼」の名にふさわしい会津藩士。明治維新後の生き方も本意だったと思いたい。
風の如く火の如く(全5巻) 島崎譲/鷹司 講談社文庫 沖田総司と鷹ノ羽真九郎の宿命を掛けた勝負。坂本龍馬がイイトコ取りして逝った様な気もするけど。
無頼 岩崎陽子 秋田書店 斉藤一主人公。連載再開を気長に待つ。
新選組血風録 司馬遼太郎 中央公論新社 隊士の暗いエピソードばかり!混沌の時代の哀歓。
最後の将軍−徳川慶喜− 司馬遼太郎 文春文庫 優秀すぎる変人は生まれるのが早すぎた。
明治無頼伝 中村彰彦 角川文庫 会津藩と命運を共にし、一戸伝八から藤田五郎として明治時代を生き延びた斉藤一の半生記。
風光る(1〜) 渡辺多恵子 小学館 男装して新選組に入隊したセイの青春
N.Y小町(全4巻) 大和和紀 講談社文庫 前向きで強気な志乃が好き。貧乏くじを引いたのは三郎。
ヨコハマ物語(全8巻) 大和和紀 講談社 おウノと万里子の友情と恋物語

戻る