雑記の最近のブログ記事

偉大なるマンネリの王道、水戸黄門が終わっちゃいました。毎回欠かさず見るほどに熱心な視聴者ではなかったけれど、先の展開が読めても安定した演技の俳優さん達で、納得できる番組でした。

一応、こっそり旅に出る御一行がラストシーン。水戸黄門らしいといえばらしい終わり方でした。西山荘あたりで笑顔の一同みたいな終わり方を予想していたんで。あれなら、いつでも続編スペシャルOKですね。

水戸黄門と言えば、葵の御紋。印籠はないけれど...。
和歌山で買った温州蜜柑のチーズケーキを食べながら見てました。
cake1219.jpg

これで時代劇のレギュラー番組がなくなったことになるんだけど、この先、正統派時代劇を見られる日がくるんでしょうか。一度中断してしまうと、時代劇を演じられる役者さんがいなくなるんじゃないかという不安。激しくも美しい殺陣とか、ちょこっと練習したくらいではモノにならないと読んだことがあります。アクションと殺陣とは別物。

幸いにして、BSや時代劇チャンネルなどで往年の秀作を見ることができます。それで我慢しろってことなのかな。大河ドラマをはじめ最近の新作にはどうも食指が動かない。画面は確かに綺麗だし、セットもそれなりに使ってあるんだけど、なにか違う。

新春12時間時代劇並に、大がかりなモノでなくて良いから、納得できるシナリオで魅せる番組を年に1作くらい作って欲しいと思うのは我が儘でしょうかね。


大学生の2割近くが内定がないとニュースになってますが、人手不足の業界も多いです。ご多分にもれず、ウチの会社もそうなんですけど。ただ、営業もあるし、大企業でも土日が絶対休めるわけでもなく、仕事の割に給料が安いから人気ないのよね。

ちょっと辛口にはなりますが、就職難なのは、あくまで「土日休みの事務職」「大企業」に拘るからじゃないの?福利厚生は、確かに大企業の方が整ってる確率は高いけど、利用できるかどうかは、また別問題。意外と、オンリーワンな技術を持っている中小企業の方が制度は少なくても利用しやすく小回りが効くって現実もあったりするんですよね。同窓会で話してると、「隣の芝生は青い」こともあるでしょうが、「融通きくんだね」と羨ましく思うことがあるのもまた事実。

それと。これは美容院での笑い話というか。某アパレルメーカーで販売員を採用するとき、簡単な四則計算のできない大学生がかなり応募してたんだとか。お客様によっては、「予算このくらいで」という相談も多いそうで、ざっくりな計算ができない店員は論外だと。さすがに私も、「大学生で、まさか」と思ったんですが、それが現実で、「たとえアルバイトでも要らない」ってぼやいておられました。タイムリーにも、AO入試の大学生で四則計算が出来ず、入学後、補講で面倒を見てる私学があるという記事を読みまして、妙に納得させられた次第です。

景気が悪いとか、超氷河期とか言われてますが、たとえ景気がよくなっても、企業の求めている最低限の能力を備えてない学生がいくら応募しても、そりゃ採用されないでしょう。慈善事業じゃないんですから。それでなくても、今は最低限の人数で、初めての部署だって即戦力になれなきゃ生き残れないというのに。社会が悪いという前に、自分の能力を磨くべき。私も人ごとじゃなくて、次の某試験に向けて勉強せねば。

奈良団扇

| コメント(0) | トラックバック(0)

エコと節電の波に乗って、団扇や扇子の需要がすごい勢いで伸びているそうですね。私の場合、エアコンは付けますが、扇風機の風の含めて機械的に吹き出される風が苦手なため、昔から団扇や扇子のお世話になってました。

外出用には、小さく折りたためる扇子が便利で良いですが、家で使うには断然、団扇の方が使い勝手が良いです。私のお気に入りは、コレ。
uchiwa0628.jpg
池田含香堂の奈良団扇「鹿と春日大社」。

食べ物以外で、実用的なお土産ということで買ったと思います。たかが団扇、なのに、高くてね?。どうしようかと散々迷って、この柄にした記憶があります。本命は薬師寺の塔の上の文様、水煙を模した飛天だったんですが、値段には勝てなかった...。

扇子は、いつも購入するお店は、品切れ・品薄が続いているそうで、今年は新調せずに手持ちのを使ってます。団扇は、今のがちょっと薄汚れてきたので、次に奈良へ行くときに新調したいと思ってたんですが、シーズン真っ盛りに買うのは難しいかもしれませんね。1300年記念の四神モチーフのを密かに狙ってたんですけど。

地震

| コメント(0) | トラックバック(0)

それは、ちょうど文章を打つのに一区切りついたところで起きました。凝りをほぐそうと首を回しかけて、ふわりとした違和感を感じたんですね。たまに起きる目眩にも似た感じだったから、そろそろ気をつけなくちゃ、くらいの感覚でした。それが私一人でないと気がつくのにそれほど時間はかかりませんでした。まず、正面、続いて隣りの人と、お互いが探るような感じで「もしかして、揺れてる?」と聞き返しました。

「やっぱり、気のせいじゃないよね」
「あ、揺れてる!」
時計の針は、14時50分を少し回ったあたりでしょうか。その頃になると、フロア全体で揺れていることが認識できる状態でした。
「誰か、ネットで地震速報を調べろ」
で、検索したら、「14時46分頃東北で地震」のテロップを発見!
「東北が震源で、こっちにこれだけ揺れが来たなら、ちょっとマズイんじゃないか」
その言葉を裏付けるように、余震、そして、津波の続報が入ってきて...けれども、被害の規模までは、把握できませんでした。

それからは、本社の指示待ちです。でも、その肝心な本社(東京)と電話が繋がらない。メールは届くようですが、返事は当然すぐには返ってきません。かといって、混乱している東北の支社に連絡するわけにもいかず、もどかしい限りでした。

阪神大震災以降、広範囲にわたる災害が起こった場合の事案に照らし合わせて、その日の業務を進め、緊急連絡網を確認して帰宅しました。

帰宅後、テレビをつけて、唖然となったのはいうまでもありません。M8を超える地震もさることながら、津波による被害のすさまじいこと。そして、広範囲に渡る火災。水と火の双方による大規模な災害に、なすすべもなく、ただ繰り返し流れる被災情報を見ているだけでした。遠くにいる私にできることは、ただ被災地の人が少しでも無事であるようにと、祈るだけです。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

そして、今年の抱負は?
ズバリ、ミカンちゃんの消費です(爆)。えー、去年も同じ事言ったじゃない!というツッコミは甘んじて受けます。

毎年、サイトマップの更新する度に、「創作、今年もファイル日付に変更なしか」って反省するんです。するんですけど、書けないものは書けない!書くって、すごくエネルギーと勢いが必要です。一度詰まると、どうしていいかわからないというか、特に、方向転換を迫られるようなコトが起きると、プロットごとポシャる...。

私が書いてるオリジナルは、ファンタジーとSFもどきですけど、ボツネタには、いわゆる時事ネタが絡んでます。起こそうとしていた事件が、現実になると書けないというか、書いちゃマズイでしょ。変わりのネタを思いつくまでに、相当時間がかかるんですよね。こういうのが、勢いっていうのかなあ。

二次創作の方は、歴史ネタを探してると、元ネタの方が気になりだして、あさっての方に興味が向いて、気が付けば旬を逃しているパターンが多いですね。それこそ、さっさと文字化してしまえ!そうは言ってもストレス解消に書いてるのに、ストレスを溜めるようでは本末転倒なので、そこそこに頑張ります。

旅行もたぶん、いろいろ行くでしょう。私はどうもウチに貯め込みやすく、それを発散するのが恐ろしくヘタでして、キッパリ環境を変えないと、そもそも発想の転換ができないらしいです。家でまったり、というのはNGなんだって。病院へ入院して差額ベッド代払うより、ホテル代に使った方が建設的だろう?という、アドバイスに従い、開き直って旅に出ます。

あとは、積みゲーを消化しつつ、読書にも勤しみ、お猫さまのご機嫌を損ねないようお仕えする毎日です。最近、みんな甘えん坊になったというか、自己主張が強くなりました。猫はきまぐれ、が本分と言われますけど、人間が対処できる範囲内でお願いしますね。

猫貯金箱

| コメント(0) | トラックバック(0)

夏に、瀬戸の招き猫ミュージアムで挑戦し、陶器の絵付けが、焼き上がって届きました。一般的には「お皿」が多いのでしょうが、猫らしいものということで、両手を挙げた貯金箱に絵付けをしました。藍一色での絵付けですが、まあ、それなりにうまくできたのではないかと。

suyaki0910.jpg
モデルは、末とトモ。

トモをモデルにしたのは、柄域が描きやすかったからです。おだんご3つと反対側に丸印、顔は分け目があって、お腹はもふもふ真っ白。顔が失敗してもわかる身体の模様なんです。

人とお金と、両方を招いてくれるといいなあ。

アクションゲームは、散々挫折して懲りたはずなのに、ガガープキャラが出ている!というだけで、買ってしまった「イースvs.空の軌跡」。ちら見せムービーで、ミッシェルさんらしき人影を見て、ひとめあなたに逢いたい!の一心でプレイしました。

幸いにして、ベリーイージーモードなるものがありまして、辛うじてストーリーモードをクリア。ラスボス戦前で、ようやく大魔導師様のお姿を拝見いたしました。イベントはフルボイスの恩恵をたんまり受けたのはいうまでもありません。

game0801.jpg
エンディングのスタッフロール。
声は、石田彰さん。

むかーし、アヴィンを緑川さん、マイルを石田さんのキャスティングで「朱紅い雫」のドラマCDが出たんですよね。だから、剣帝が緑川さんで、空いてる枠が石田さんなら、もしかして、隠しキャラでマイル登場!?と脳裏を掠めた時期があったんです。デモムービーのちら見せで、マイルの可能性が消えて、ミッシェルさんになったわけですが、これはこれで、美味しいかもv

年齢不詳の大魔導師サマ、予想外にはまってました。前回の竜退治=オルテガの竜退治?、とか、萌は果てしなく広がっております。ネタが煮詰まったら、何か書けるかも知れない...。

というか、エステルと「また会えるかも」って、どーゆー意味ですか!?それでなくても、オープニングでヨシュアとうたた寝の美味しい構図を見てしまったというのに。気になる、気になる、妄想は果てしなく、夏の炎天下で育ってます。

たま電車、といえば、和歌山電鐵 貴志川線 にしか走っていないと思っていました。
が、なんと!!
岡山の東山線でも走っていたんです。

tamaden1.jpg
東山線を走っている、たま電車

たま電車を見た瞬間、なぜ!?どうして!? → どちらも両備ホールディングスだからさ。
でも、うれしいーーーーー!
出張の疲れも吹っ飛びましたよ。

tamaden2.jpg
内装は、もちろん、「たまんが」でいっぱい。
和歌山のより、簡略されてますが、このかわいさ、たまりません!

tamaden3.jpg
出口まで、たまちゃんでお見送り。

和歌山と違って、こちらは人少なめ。というか、途中、私だけだったり?。おかげで、写真撮り放題でした。スーツ着て観光客している不審ブツなワタクシ...。すみません。

マイ定期入れ

| コメント(4) | トラックバック(0)

これぞ、究極の猫グッズ!
teiki0324a.jpg
私だけの定期入れです。
しっぽの部分は、ご案内葉書の「当たり」でいただいた携帯ストラップを付けてみました。

猫顔の定期入れは、イビザのコーナーで職人さんとお話していてゲットしました。このどこがスゴイかというと、フタを開けたら、そこにもかわいい猫の顔が描いてあるんです!!
teiki0324b.jpg

職人さんの手すさびの作品ということですが、逆にそれだからこそ、私だけのオリジナル。限定カバンとあわせて大切に使わせていただきます。

猫の扇子

| コメント(0) | トラックバック(1)

カバンに忍ばせておく扇子がそろそろ買い換えの時期に来たようなので、安くて丈夫そうなものを舞扇堂で物色してきました。今年の新作の花柄と猫の模様と迷った末に、決めたのが。コレ。

sensu0322.jpg
アクリル製の骨組みに布地の組み合わせ。

模様は、猫と花柄のミックスです。カバンに入れるとどうしても痛むので、ひとシーズン保たす程度で惜しくない金額が選考基準。お店に入ってすぐ目に付いたのは、福沢諭吉1枚では買えないし、使い捨てにはもったいなくて、諦めました。

枝がアクリルなので丈夫だし、少々カバンの中でモノにぶつかっても傷のつく心配のないところがポイントです。紙製の方が凝った柄域だったけど、布製の方が光沢があって全体のバランスがよかったので、こちらに決めました。現代的な猫柄で、我が家の猫も似たようなポーズをすることもあり、気に入っています。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04