猫日記2011の最近のブログ記事

こたつの中に潜っていたけれど、暑くなったのか、這い出てきたチビ。体重は3kgを切る軽さですが、長さは意外とあります。普通に構えたのでは、全身が撮れない。

chibi1221.jpg
尻尾が長いので、全身が長くみえるらしい。

手のひらサイズで我が家に迎えたチビも、すでに丸18年を越えました。現在の最長老です。絶大なる保護者がいるので、我が儘放題でストレスとは無縁だったのがよかったのかな。

なんだかんだいっても、寝るときは誰かと一緒にお休みなさい。
今日は、トモがチビを枕にしています。
2cats1220.jpg

はじめにトモが寝ていたところへ、チビが強引に割り込んできて、一度は追い出されたものの、どっかり体重を掛けて寝床をゲットしたらしい、というのが前段にあります。

sue1101.jpg
夜になるとママの部屋に降りてくる末。夜もパパの部屋で寝ていいよ、と言っても、必ず降りてきます。自力で階段を下りるのが難しいらしく、「降ろしてくれ」と鳴いて要求します。抱っこして下に降ろしてやると、そそくさとクッションの上に箱座り。寒くなると、こたつの中へごそごそと潜っていきます。

食欲がめっきり落ちました。水もあまり欲しくないようです。一応、台所の定位置のお皿に行くのですが、ちょろっと舐めたら終わりみたい。腎不全だけでなく、内臓がほぼ機能していないのと、同時に首の癌が再発したらしい。ぐりぐりがわかるんです。一時期、消えたと思われるくらいきれいになっていたんですけどね。治療法がないので、病院へは行かず、家で自由にさせてます。最期まで家で看取るって決めてるから。

sue1031.jpg
末は、昼間は、2階のパパの部屋に上がって、ほかほかベッドの上にころり。出前された缶詰もしくは煮魚のほぐした身を少し食べます。水は、台所の定位置のお皿からでないと飲めないみたい。ヘンなところに拘りがあるコです。

2cats1029.jpg
トモと末は、昼間はそれぞれの場所で離れて寝ているけれど、夜になると、ママの部屋に来て、猫団子宜しく仲良くお互いをクッションにして寝ています。

どちらもコロコロだったのに、トモは病気になってから、末は...最近、かなり痩せました。取り敢えず、自力でゴハンを食べられるので、様子見。自由にさせてます。

リビングルームに、銀色混じりでシマシマの巨大なナマコ発見!
fin0917b.jpg
ただいま、我が家の体重ナンバー3であることを確認しております。ええ、先日の健康診断で発覚しました。

ぶーにゃん化が進んでいるのは、一番若いフィンです。
fin0917a.jpg
大きなお世話!
下半身が大きいってことは、安産型ってことでしょ。

本ニャンの言い分も、もっともではございますが、ぽっちゃり胴長、ドタ足...と、あまり褒められた体形ではありません。もうちょっとスマートな方が、しなやかさが備わって猫らしいと思うんだけど、それこそ、大きなお世話かしら?

ひとところになかなかじっとしていないお猫さまズですが、集うときは同じようなところで一緒になってます。
2cats0822.jpg
トモの上に折り重なるようにして寝ている末

tomo0822.jpg
うつろーな目線で起きているらしいトモ

で、トモが逃げていくと、末もどこかに寝場所を変えるんですよね。そして、忘れた頃にまた同じように二匹が舞い戻ってくるわけです。

我が家で一番おどおどしているというか、人慣れしていないテンですが、それでもここ数日の暑さには耐えがたいというか、定位置の箱の中ではなく、床に転がっています。それも、パパの部屋ではなく、リビングの!

一定距離以上近付くと逃げるのは、変わってませんが、パパの部屋以外にまで出てきたというのが快挙なんです。...我が家に来て10年以上経つのに、いまだに人慣れできない猫って、飼い猫としてどうよ...。

ten0818.jpg
壁際にすがるようにして、だらりと寝転んでいるテン。

見た目は黒猫なので、チビと変わりませんが、若いテンの方が、毛並みに艶があります。チビは人が近付いても動じませんが、テンはすぐに逃げ出すので、そこが見分けのポイント。テンを撫でたり、抱っこできる日が、果たして来るのでしょうか!?

あ、兄弟のシマは、撫でるも抱くのも、転がすのも自由自在。基本、抱っこして構って欲しい猫だから。とても同じ兄弟猫とは思えません。

ごろりん

| コメント(0) | トラックバック(0)

夜になってもちーっとも涼しくない!
サマーカットもどきのトモっちは別にして、みなニャン、あっちへごろごろこっちへごろごろ、自分の体温でその場がぬくもると、そそくさと移動していきます。

2cats0728.jpg
クッションの両サイドに、末とトモ

末はカメラに反応して、ちょっと首を伸ばしてきました。
トモは、だるそうに転がってます。

最近、妹の帰りが遅いので、チビのご機嫌があまりよろしくありません。おとなしく丸まって寝ている時もあるのですが、虫の居所が悪いと、細長いしっぽをくねらせて、あるいは、びしばしと叩き付けるようにして不快さを表明しています。だからって、どうとなるもんではないんですけどね。

chibi0722.jpg
しっぽで不快感を表明しているチビ

妹の帰宅と同時に、むっくり起き上がり、玄関から2階の部屋へと先導開始!
その心は?
早く、布団を敷いて、ボクの寝床を整えよ。

妹の方は、「あたしはお腹が空いてるんだから、食べるのが先!」とリビングルームに居座ることもありますが、チビの要求は止みません。どっちの要求を満たすかは、そのときの状況次第といったところ。ま、たいていは、食事の準備ができるまでに妹の方が寝床を準備しに行くんですけどね。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04