猫日記2009の最近のブログ記事

新たな恋!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

モモのストーカー末に何やら異変が起きた模様。と、いうのも、最近、日中、パパの部屋で過ごすことが多く、マミと接する時間が長くなっているからです。
2cats1230.jpg
仰向けでマミを観察中の末。
マミは、末に無関心を装っているようですが。

おっとりしているようでも出産経験のあるマミは、なかなかに世渡り上手です。この距離も、末が動くと即座に移動できる絶妙な間を取っています。ちなみに、この場所に末がいるのは、お気に入りの場所が既に取られていて、自分の居場所がココしか確保できなかったからです。マミは元から、このあたりが定位置。さて、ふたりの行く末や、如何に!?

こじんまり

| コメント(0) | トラックバック(0)

家族が携帯を買い換えまして、それに伴い、待ち受け画像の元を一生懸命撮っています。もちろん、ターゲットは愛するお猫さまズです。が、なかなかにこれが困難を極めている模様。いつもは煩いくらいにまとわりついている猫たちですが、今日に限って、いずこともなく姿をくらまし、「ゴハンだよ」の声にも全く反応なし。これみよがしに隅っこで息を潜めているのです。
tomo1227.jpg
箱の中にひっそりと隠れているトモ。

一番人懐こいトモですら、この有様です。もともと写真を撮られるのはあまり好きでない猫たちですが、携帯の色形が変わったことで、かなりビビリ状態。新しい携帯だけでなく、見慣れた(はずの)私のカメラからも逃げ惑っています。誰も取って喰おうというでナシ、もう少し協力してよね。

女王様の寝床

| コメント(0) | トラックバック(0)

我が家のお猫さまズが、枕を好んでベッドにするのはいつものことですが、モモ女王様は、更に布団をご所望になります。
momo1224.jpg
パンヤの枕を敷き布団に、毛布をかけてお休みなさいのモモ。

猫に取られた枕は諦めて、次々に枕を買うものだから、こたつのまわりには、少ないときで3つ、最大5つの枕がお猫さま用ベッドとして散在しています。で、現在の私の枕は...背骨を矯正するためにタオルを巻いただけの簡易タイプ。これが結構調子いいので、しばらくはこのままでいいかと思ってます。

本格的な冬が到来と同時に、初冠雪です。久しぶりに見た牡丹雪は、寒さの象徴。寒がりなお猫さまは、それぞれにこたつに潜ったり、布団の中に潜んだり。さすがに今日ばかりは、形を潜めています。
chibi1217.jpg
帰宅したら、出迎えると同時に「暖房と布団」を要求し、そのまま丸くなったチビ。
ちなみに、まだベッドメイキングの最中です。
移動させようと手を出すと、歯を剥いて怒ります。

安全地帯

| コメント(0) | トラックバック(0)

パパべったりの、まりのお気に入りの場所は、ココ。
ココがどこか、見ればわかるでしょ?
mari1213.jpg
いかなる猫も邪魔しに来ない最高の場所です。

暖房の効いたパパの部屋は、お猫さまパラダイスと化しています。
mari1206a.jpg
よく見ると、箱の中に座っているのではなく、

mari1206b.jpg
箱のフタの縁にバランスよく座っている、まり。

体重がある割りには、俊敏なバランス感覚を持つ、まりだからこそできる技。他のコが同じ事をしようとしても、たぶん、バランスを崩して箱ごとひっくり返るのが、オチです。

白ヒゲ、再び

| コメント(2) | トラックバック(0)

チビに夏頃生えていた「お間抜けな白ヒゲ」は、一旦は抜けたものの、再び同じあたりに生え始めました。
chibi1111.jpg
いつもは黒い塊だけの黒猫なのに、微妙に白いヒゲが目立ちます。
若作りしていても、年には逆らえないみたいだね、チビやん。

甘えん坊で構ってもらいたい男のコたちとは違い、女のコは、どちらかというと我が道をいくタイプが多いです。なかでも、フィンやまりなどのアメショ系は、なかなかにキツイ性格をしています。両にゃんに共通しているのが、構ってもらいたいけど、抱っこされたり触られるのはイヤ。
fin1110a.jpg
フィンの首元を捕まえて、わしゃわしゃ掻いてます。
はっきりいって、最初はへっぴり腰。

fin1110b.jpg
うーん、気持ちいいの?。次は、ココも掻いてくれる?
こうなったとき、中途半端に止めると文句を言います。
だったら、最初から大人しく首回りを掻かせてくれればいいのに?。

乳製品を好むのは、チビの専売特許だったはずなのに、最近、クロも欲しがるようになりました。しかも、以前なら、チビに皿を譲っていたのに、ガンとして場所を譲らず、まるまる独り占めです。
2cats1109.jpg
瓶の底に残った牛乳を競って欲しがるチビとクロ。
最初に気が付いたクロが、最後まで場所を譲らず、チビははじき飛ばされた状態です。

猫に牛乳はよくないと言われていますが、そこはソレ、限度をわきまえた嗜好品。今回もそうですが、人間がティータイムをしたあと、底に残った数滴を手のひらに落としてやる程度です。下痢をしても困るので、お猫さま用にお皿にとってまではやりません。最大でも、手のひらからこぼれ落ちない程度。お猫さま達には、「人間の手のひらからもらった」ということが大切ならしいです。

こたつと毛布の間に潜って寝ていることの多いモモは、食事の時間になっても寒いとそのまま寝ています。そのくせ、缶詰だけは食べたいらしく、そそっと首だけ覗いていることも。その目は、「ここまで持って来て」と無言で催促しているのです。
momo1108.jpg
ちょっと甘やかしすぎたかなあ?。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

The list of "猫日記2009"

BlogStats

■エントリー数: 558
■コメント数: 37
■トラックバック数: 1

■Thanks!