グルメの最近のブログ記事

6月のケーキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

cake0603.jpg
ブールミッシュの6月の限定ケーキは、白桃とチェリーのタルトです。ちょっと早いけれど誕生日祝いということで、プレートを書いてもらいました。

本来の誕生日当日は平日なので、どう頑張っても家族が揃うのは22時過ぎ。その時間帯に、果物メインとはいえボリュームたっぷりのタルトは、胃腸と美容によくないですもんねえ。まあ、遅くなっても「食べない」という選択はあり得ないわけですが。

しっとりした酸味系なので、コーヒーより紅茶が合うケーキです。今回は、柑橘系のフレーバーティと一緒にいただきました。ミルクティよりストレートティでいただくのがオススメです。

干支のパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年のアンデルセンの恒例・干支パンは、もちろん辰年にちなんで「竜」です。
eto0102.jpg
福袋のセットにも入っていますが、家族の人数分欲しいので、敢えて単品で購入。

竜の角は、某お菓子の「小枝」っぽい感じ。
ベースのパンは、サンライズのクリームパンです。

そして、モーツアルトで見つけた正月祝いのお菓子は、招き猫のプリンです。プリンのベースは、砂谷牧場のオリジナル。有名なのは、シュークリームですが、猫グッズ器に惹かれて、プリンにしました。ふわふわの生クリームがデコレーションされてますが、さっぱりした後味で美味しかったです。

母の日のお菓子に選んだのは、BEL AMERのローズクグロフです。通常バージョンと、どこが違うかと言いますと、至る所に苺が使ってあるんです。生地の中はもちろん、デコレーションのトッピングに、メインとも言えるチョコレートにまで、心憎いほどに忍ばせてあるんですよ。

目にも美しく美味しかったです。
え?母の好みじゃなく、自分の趣味で選んじゃダメ?

cake0508.jpg
BEL AMERの母の日限定、ローズクグロフ

food0703a.jpg
7月の限定ケーキは、マンゴのコンポートをたっぷりのせたマンゴづくしのシャルロット仕立。
ブールミッシュの銘菓シブーストを勧められながら、いつも限定ケーキに走ってしまうのです。

food0703b.jpg
さっくりとしたビスキー生地の中に、マンゴムースとマンゴゼリーが重なって入ってます。
酸味に、ベリーがちょこっと。

母の誕生日には少し早いのですが、数量限定の6月のケーキと目と目があったので、買ってきました。誕生日にお取り置きできないこともないようですが、その日確実に買いに行くor受け取りに行くことができるかどうかわからないので、買えるときに買っちゃえ!

sweets0604.jpg
ブールミッシュの白桃とチェリーのタルト

チェリーの酸味が生クリームで緩和され、白桃とカスタークリームがほどよい甘さで盛り合わせてあります。デザートは別腹、でさっくり食べられました。

4月の魚

| コメント(2) | トラックバック(0)

このところカロリーオーバー気味なので、今日は控えよう!と固く決意したものの、「4月の魚」を見た瞬間に敢えなくその決意は崩れ去りました。
food0404.jpg
4月限定のケーキ、ポワソン・ダブリル(Poisson d'avril)

Wikipediaで検索すれば、たぶん、大林信彦監督の「4月の魚」が引っかかるはずです。私の拘りも、その映画から。地味な映画なんですけど、ほんわか後味のよいラブコメで、高橋幸宏が音楽と主演を担当しています。彼の作る「4月の魚」が、それはもう美味しそうで、いつかあんな料理を食べてみたいと画面を涎垂らして見てました。

大林作品は、割とメジャー展開してると思うんだけど、「4月の魚」はTV放映された記憶がなく、DVDはおろかビデオでも出てないと思います。アマゾンで検索しても引っかからないし、やはり地味過ぎたんでしょうか。映画館で見た当時、知っていた俳優は、丹波哲郎くらいだったし。元々芸能界には疎いですが、主演の高橋幸宏?ソレ、ダレ状態でしたもんねえ。我ながら、よく見に行く気になったもんだ...期待してなくて、大当たり!の映画だったから、余計に記憶に残っているのかもしれません。

かきつばた

| コメント(0) | トラックバック(0)

熊野神社前にある、聖護院八つ橋本店で扱っている、生八つ橋のお饅頭です。八つ橋の皮を練って模っただけの一品で、中に餡は入っていません。生八つ橋だけを楽しむための芸術的お菓子です。
sweets0314.jpg
かきつばたを模した、生八つ橋のお菓子。

このお菓子は、本店限定(?)らしく、他の支店ではみたことがありません。また、少数生産らしく、だいたい午前中に売り切れるということです。かく言う私も、何度目かの正直で、今回ようやく、購入することができました。頑張って通ってみるものですねー。

春爛漫

| コメント(0) | トラックバック(0)

久しぶりに高木本店で生菓子をゲット!高木と言えば、最中が有名なんだけど、どうもダメなんですよね。なので、高木に限っては、粒あんではなく、こしあんのお菓子が中心です。

sweets0307.jpg
春をテーマに、色とりどりの和菓子。

お気に入りは、「うぐいす」です。緑色を基調にして、中のあんは、黄味あんでした。生菓子の面白さは、あんの多様性かな。白あん、黄身あんはもとより、ウグイス餡や、他にも食紅で桃餡とか、食べてびっくりな楽しさが好き。

昨日の夜から、いろいろとアピールしている父の熱意にほだされ、期間限定いちごのタルトをホールで買ってきました。もちろん、お名前入り。今の時期にケーキをホールで買う客って、「こういう需要しかない」とお店の方が気を利かせて、素早くメッセージプレートを差し出してくださいましたよ。

sweets0227.jpg
年齢は機密情報のため、名前だけのプレート。

家族の誕生日にケーキを買うことはよくありますが、メッセージプレート付きは、たぶん、初めてだと思います。これが生クリーム付きのケーキだったら、間違いなくショートケーキいろいろで終わってました。果物メインのクッキー生地なので、ホールでも食べきれるかな、と。

いちごのさっぱり酸味と生地との繋ぎのカスタードクリームの甘さがちょうどよくて、夕食後のデザートにピッタリ!父も喜んでくれたし、まずまずに親孝行な誕生日だったと自負しています。

寅まんじゅう

| コメント(0) | トラックバック(0)

干支の寅にちなんだおまんじゅうです。信貴山朝護孫子寺の門前にあるお土産店で、できたてほやほやを売ってます。
food0110.jpg
タイガーマスクを連想させる寅の顔。
中の餡は、こしあんです。

ご本尊が毘沙門天、張り子の寅で有名なお寺で、12年に一度巡ってくる寅年は、初詣でものすごい人出だとか。近鉄や奈良バスでは、臨時列車や臨時バスを出してるようです。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04