見守るしかできないけれど

| コメント(2) | トラックバック(0)

sue1101.jpg
夜になるとママの部屋に降りてくる末。夜もパパの部屋で寝ていいよ、と言っても、必ず降りてきます。自力で階段を下りるのが難しいらしく、「降ろしてくれ」と鳴いて要求します。抱っこして下に降ろしてやると、そそくさとクッションの上に箱座り。寒くなると、こたつの中へごそごそと潜っていきます。

食欲がめっきり落ちました。水もあまり欲しくないようです。一応、台所の定位置のお皿に行くのですが、ちょろっと舐めたら終わりみたい。腎不全だけでなく、内臓がほぼ機能していないのと、同時に首の癌が再発したらしい。ぐりぐりがわかるんです。一時期、消えたと思われるくらいきれいになっていたんですけどね。治療法がないので、病院へは行かず、家で自由にさせてます。最期まで家で看取るって決めてるから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/292

コメント(2)

治療等してあげられないのはつらいですよね。
春に亡くなったうちの猫の場合もそうでした。
心残りがないように、しっかりみてあげてください。

居眠り猫さん>
お見舞い、ありがとうございます。
幸い、まだ自力で水も飲めるし、
ひょこひょこ移動もしているので、
小康状態に入った感じです。
すっかり抱き癖がついたみたいで、
甘えるのが上手になりました。

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!