トモ、手術

| コメント(0) | トラックバック(0)

夜、帰ってきたら、いつもの場所にトモが居なくて。
「トモは?」
「入院した」
「なんで?」
「手術した」
「どこを?」
「胃。ピンポン球くらいの癌を取った」

トモが不調なのは初夏に入るか、入らないからのこと。人間みたいに胃カメラ検査が簡単にできるわけでもないから、ずっと原因不明のままできたけれど、よりによって、癌ですか。一番おそれていた結果でした。

胃薬を取りに行って検査したところ判明し、午後から手術できる時間が取れるということで、その日のうちに即手術になったということでした。食欲が落ちていたのが幸いして、前日の絶食が省略できたから。

手術後は、胃に管が通っていて、それが外せるまで退院できないそうです。そして、手術後、絶対治るかどうかもわからない。けれども、今なら、まだ可能性があるから、手術してもらった、と。

2007年8月に末が、末期癌の宣告を受けて手術しました。でも、いまだに元気です。それも手術に掛けてみようという気になった一因だと思います。顔と胃では全然ちがうけれど、助かった前例があるから、あとはトモの運と体力に祈るだけです。

連れて帰れないから、入院中のトモを見舞うこともできません。飼い主が来ても置いて帰ることになると、そのほうが猫にはストレスになるんだそうです。それも辛いけど、胃に管が通っている状態では、無理ですものね。経過良好で、早く迎えに行ける日を待ってます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/282

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!