二葉の里歴史の散歩道

| コメント(0) | トラックバック(0)

nigitujinja0102.jpg今年の初詣は、いままで行ったことのない神社へ行ってみようということで、二葉の里を中心とした、いわゆるパワースポットばりの神社へお参りしてきました。最近、東区のこのあたりは観光に力を入れていて、復興したお寺などを中心に、歴史の散歩道として整備されています。

しかし、歴史を紐解けば、1000年くらい前から続いている古い神社あり、広島城の鬼門として歴代城主が鎮護のために神社仏閣を置いたり、そもそも二葉の里のお山が「龍穴山」として力のある場所だったりと、面白い由緒がてんこ盛りでした。灯台もと暗しとはよく言ったものです。ただ、広島は原爆のため、貴重な資料が消失しているので、歴史遺産としての価値が低いんです。ここがイタイ。今回参拝した神社も、ほとんど戦後の再建築です。1000年以上のものがきちんと残ってれば、国宝ですもんね?。

chinowa0102.jpgいろいろ回りましたが、一番気になっていたのが、饒津(にぎつ)神社です。新幹線から見えて、更には職場からも徒歩圏内なのに、行ったことがなかった場所です。こちらは、夏越の御祓で有名な茅の輪くぐりを、年始に行います。ただし、その茅の輪は、見慣れた丸い大きなものではなく、縄を張り巡らしただけの簡素なものです。しかし、茅の輪くぐりの手順というか、回り方が看板に出ているので、初めての人でも迷わず作法に則って回れます。

茅の輪くぐりの頃(6月30日)って、まず、休めないので、旅先でも地元でも、参拝したことがほとんどありません。今まで茅の輪をくぐったのは、旧暦でお祭りしていた須佐神社と、やはり神社の特別な行事でしていた宇治神社の2回だけ。それも神社の鳥居に重なっているので、祝詞を唱えながら3回まわるなんて知りませんでした。二拝二拍手一拝は、結構、様になってきたと思うけど、茅の輪くぐりをスマートにできるのは、もうちょっと先ですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/254

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!