2011年1月アーカイブ

耳の掃除

| コメント(0) | トラックバック(0)

元気と言うことは、新陳代謝もいいということで、フィンの顔は正直、バッチイです。目には大きな目くそ、耳には特大の耳垢。それって、女のコとして、どうよ?

fin0130.jpg
捕縛されて、お掃除中のフィン。

曲がりなりにも、飼い猫で大きなアレコレを付けてちゃダメでしょう。一応、ワクチンとノミ注射の時に健康診断してもらっており、ダニとかの心配はないとのことですが、それにしても、溜まりすぎ!うっかり写真も撮れません。

もこりん

| コメント(0) | トラックバック(0)

tomo0127.jpg日中はパパの部屋で寝ているのに、夜になって本格的に寝るときは、ママのいるリビングルームに降りてくるトモ。昼に寝ているくらいだから、寝場所がないわけではないのに、わざわざ降りてくるんですよね。暖房機能とフロアの広さ、空気の通り道からいって、間違いなくパパの部屋の方が暖かいのに。

ご飯をくれて、肩乗りさせてくれるパパが一番好きだけど、気分が悪いときになでなでしてくれるのはママだから、夜はママの側の方が安心するんでしょうか。そのくせ、パパが降りてくると、むっくり起き上がって姿を追うという...。

我が家の猫の中で、一番大きいのはシマだけど、丸いという点では、トモに軍配が上がります。ええ、もうそれは確実に。身体全体の丸さといい、とりわけお尻の丸さときたら...ホント、まるっとしててらぶり?。更には、お団子しっぽがちょこんと付いているので、頭と胴体としっぽとで、変則団子のできあがり。

チェンジ!?

| コメント(0) | トラックバック(0)

お魚大好きトモに何が起こったのか!?
お魚のお皿に突撃するトモが、なぜか出遅れて、ひとあし先にチビがお魚の皿にありつきました。いつもなら、ここでトモがその大きな頭を強引に割り込ませて、お魚のお皿を奪還するんですけど、なぜか、温和しく、カリカリのお皿に向かいました。

2cats0119.jpg
カリカリを食べるトモとお魚を食べているチビ

さすがにトモ用に用意されたお魚を全て食べるほどチビはお魚が好きというわけではなく、半分くらい食べたところで満足して退却。残りは、無事にトモのお腹に収まりました。

それでよかったの、トモちゃん?
→うん。ちゃーんと夕方、ナイショでボクだけお魚をもらってたから♪

雪景色

| コメント(0) | トラックバック(0)

2cats0116.jpg秋頃の天気予報で、この冬は、数年ぶりに雪が多い年になるかもしれないと言っていましたが、それがどうやら当たっているみたいです。年末から一気に冬本番で、新年早々雪に見舞われましたし、先週も米原あたりでは新幹線に遅れが出たりと、早くも混乱の兆しがありました。私が遠江の一の宮に出かけた日だけ、奇跡的に快晴でしたけど、前後は寒かった。

そして、本日は、昨夜からの雪がまだ降り続いています。寒いから、珍しく、シマと末が同じ箱に収まってまどろんでます。窓辺なので、いつもなら青空が見えているのですが、折からの雪で、窓が白く反射してます。

snow0116.jpg
一面の銀世界...といえば聞こえはいいですが、寒いだけ!

fin0115.jpg先代女王様・モモが亡くなってから、次代を引き継いだのは、一番年若のフィンです。若さを武器に、元気いっぱいやりたい放題...。親の顔が見たくなる傍若無人ぶりを発揮して、日夜家中を駆け回っています。

それでも、雪が降ろうかという冷え冷えとした中、さすがに自分の寝床で暖を取ってます。もちろん、フィン専用の箱に、これまたお気に入りの赤い座布団を敷いてもらって、ひとりでゆったり。ちなみに、この箱が置いてあるのは、こたつの上です。だから、箱の下からこたつの温もりが伝わってくるので、他の箱より暖かいというわけ。

こたつの上の箱は、本来、マミの居場所でした。が、最近は、トモがお気に入りでまどろんでいたようです。しかし、ここに至ってフィンが割り込みをかけてきた模様。なにせ、恐い物知らず、無敵の女王様ですから、トモを追い出して、ちゃっかり居座っちゃいました。

機動戦士ガンダム

| コメント(0)

せっかく静岡県まで来たからには、そのためだけに来ることはまずないであろうと、静岡ホビーフェアへRX-78-2を見に行きました。いうまでもなく、通称、白いヤツこと、初代ガンダムです。まあ、そういう世代なんで、青空を背景に、嬉々と写真を撮ってきました。惜しむらくは、某ビルに阻まれて、富士山を背景に入れられなかったこと。天気がよかったので、青空の富士山もすごく綺麗だったんです。ともあれ、楽しく青春してきました。

遠江一宮駅

| コメント(0)

天竜浜名湖線、遠江国一宮、小国神社の最寄り駅前にあるオブジェです。因幡のしろうさぎと関係あるの?事前チェック、忘れた。うー、勉強不足痛感してます。

→答え
小国神社にお祭りされている神様が、大己貴命、要するに「大国主命(おおくにぬしのみこと)」でした。そんなわけで、今年の干支・卯と縁のあるオブジェがあちらこちらに見受けられました。

一言申す!
干支の卯の人形が、小国神社に奉納されてまして、たまたま当日、遠江一宮駅にイベント絡みで出張していたのです。が、某放送局のスタッフが長時間取り囲んでていて、写真が取れませんでした。神社から戻ってきたら、入れ違いで、兎さんは神社へお帰りになってた...。ちなみに、このスタッフ達とは同じ列車に居合わせたのですが、通路を塞いでスゴク迷惑でした。それでいて、一言の断りもなかったんだな。普通、取材で場所を取ったら、謝りの言葉とか言わない?それとも、私の地元の取材スタッフが特別低姿勢なだけなのかな?

事任八幡宮

| コメント(0)

遠江国一宮、事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)です。名前のとおり、ことだまの社とあります。字だけ見たのでは、絶対、読めない!御祭神が己等乃麻知媛命(ことのまちひめのみこと)だそうで、古くは、真知乃神(まちのかみ)、任事神社(ままのことじんじゃ)などと呼ばれていたということです。これまでに、あまり馴染みのない神様ですが、「ことのまま」の名が「願い事が意のままに叶う」の意味を持つらしいので、しっかりお参りしてきました。

境内に巨大な楠と大杉があり、真冬でもさわやかな薫に満たされています。もちろん、どちらもご神木です。

nigitujinja0102.jpg今年の初詣は、いままで行ったことのない神社へ行ってみようということで、二葉の里を中心とした、いわゆるパワースポットばりの神社へお参りしてきました。最近、東区のこのあたりは観光に力を入れていて、復興したお寺などを中心に、歴史の散歩道として整備されています。

しかし、歴史を紐解けば、1000年くらい前から続いている古い神社あり、広島城の鬼門として歴代城主が鎮護のために神社仏閣を置いたり、そもそも二葉の里のお山が「龍穴山」として力のある場所だったりと、面白い由緒がてんこ盛りでした。灯台もと暗しとはよく言ったものです。ただ、広島は原爆のため、貴重な資料が消失しているので、歴史遺産としての価値が低いんです。ここがイタイ。今回参拝した神社も、ほとんど戦後の再建築です。1000年以上のものがきちんと残ってれば、国宝ですもんね?。

chinowa0102.jpgいろいろ回りましたが、一番気になっていたのが、饒津(にぎつ)神社です。新幹線から見えて、更には職場からも徒歩圏内なのに、行ったことがなかった場所です。こちらは、夏越の御祓で有名な茅の輪くぐりを、年始に行います。ただし、その茅の輪は、見慣れた丸い大きなものではなく、縄を張り巡らしただけの簡素なものです。しかし、茅の輪くぐりの手順というか、回り方が看板に出ているので、初めての人でも迷わず作法に則って回れます。

茅の輪くぐりの頃(6月30日)って、まず、休めないので、旅先でも地元でも、参拝したことがほとんどありません。今まで茅の輪をくぐったのは、旧暦でお祭りしていた須佐神社と、やはり神社の特別な行事でしていた宇治神社の2回だけ。それも神社の鳥居に重なっているので、祝詞を唱えながら3回まわるなんて知りませんでした。二拝二拍手一拝は、結構、様になってきたと思うけど、茅の輪くぐりをスマートにできるのは、もうちょっと先ですね。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

そして、今年の抱負は?
ズバリ、ミカンちゃんの消費です(爆)。えー、去年も同じ事言ったじゃない!というツッコミは甘んじて受けます。

毎年、サイトマップの更新する度に、「創作、今年もファイル日付に変更なしか」って反省するんです。するんですけど、書けないものは書けない!書くって、すごくエネルギーと勢いが必要です。一度詰まると、どうしていいかわからないというか、特に、方向転換を迫られるようなコトが起きると、プロットごとポシャる...。

私が書いてるオリジナルは、ファンタジーとSFもどきですけど、ボツネタには、いわゆる時事ネタが絡んでます。起こそうとしていた事件が、現実になると書けないというか、書いちゃマズイでしょ。変わりのネタを思いつくまでに、相当時間がかかるんですよね。こういうのが、勢いっていうのかなあ。

二次創作の方は、歴史ネタを探してると、元ネタの方が気になりだして、あさっての方に興味が向いて、気が付けば旬を逃しているパターンが多いですね。それこそ、さっさと文字化してしまえ!そうは言ってもストレス解消に書いてるのに、ストレスを溜めるようでは本末転倒なので、そこそこに頑張ります。

旅行もたぶん、いろいろ行くでしょう。私はどうもウチに貯め込みやすく、それを発散するのが恐ろしくヘタでして、キッパリ環境を変えないと、そもそも発想の転換ができないらしいです。家でまったり、というのはNGなんだって。病院へ入院して差額ベッド代払うより、ホテル代に使った方が建設的だろう?という、アドバイスに従い、開き直って旅に出ます。

あとは、積みゲーを消化しつつ、読書にも勤しみ、お猫さまのご機嫌を損ねないようお仕えする毎日です。最近、みんな甘えん坊になったというか、自己主張が強くなりました。猫はきまぐれ、が本分と言われますけど、人間が対処できる範囲内でお願いしますね。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • fin0130.jpg
  • tomo0127.jpg
  • 2cats0119.jpg
  • snow0116.jpg
  • fin0115.jpg
  • nigitujinja0102.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!