第62回正倉院展

| コメント(0) | トラックバック(0)

nara1106.jpg連日、長蛇の列と噂の正倉院展ですが、やっぱり見たいものは見たいっ!ということで、「オータムレイト」にターゲットを絞ってお出かけしてきました。去年、初公開の琵琶があるというので、そのコースで行ったら、待ち時間ゼロで、館内も楽々、余裕で見ることができたんですよ。だから、今年も時間をずらせばなんとかなるでしょ、と。が、19年ぶりに公開された、五弦琵琶の人気を甘く見過ぎてました。特設サイトで、日中、100分待ちというのは、予想通りでしたが、16時を回っても30分待ちの表示は消えず、正直、焦りました。以下、正倉院展に絞ったタイムスタンプです。

16:53  国立博物館到着。
17:15  オータムレイトチケット購入。
17:40  館内、入場。
18:08  琵琶を正面から鑑賞
18:10  第一展示室、見学終了
18:30  ミュージアムショップ

今年は、宝飾品があまりなくて、工具類が展示してあったこともあり、人の多さと相まって、長時間じっくり閲覧するものがなかったのが幸いしたというか、正倉院展に限っていえば、それほど時間をかけた感がありません。

しかし、琵琶はよかった!さすが、一番人気だけあって、最前列から見た螺鈿の細かさ、曲線の美しさは、眼福でした。あと、意外に大きいというのも近くからみて実感できたところです。古来、琵琶奏者には男性が多い理由が、なんとなく頷けました。「女性を抱きかかえるように」という表現が、実にしっくりくる大きさなんです。

館外の特設テントに、現代琵琶を女性の方が奏でておられたのですが、かなり大柄な方でした。テントにいらっしゃるときは、そんな風に見えなかったんですけど、たまたま館内ですれ違いまして、私より、頭ひとつ背が高かったんです。さすがに180cmはなかったと思いますが、そのくらいで、琵琶を抱えて調和が取れてるといいましょうか。小柄だと、琵琶を抱えるだけで一苦労しそう、というのが正直なところです。

お土産は、パンフレットだけ。人気という噂のスカーフやハンカチ、うーん、ちょっと好みと違う。エコバックやコンパクトは、去年の方がデザインも形も自分好みで、持ってるからいいや。期待していた龍村の風呂敷も、ちょっと地味だったんですよね。春に購入した、室生寺でのアレコレがとても華やかで好みだったので、そのうちまたどこかで見つかるでしょ。

しかし、パンフレットだけといっても、これが案外重くてですねー。駅までの2.3km、長かったです。まあ、重さの半分は、特設テントで買った「お弁当」のせいかもしれませんけど。私の好きな、わさび葉寿司が売ってたので、迷わず、ゲット。正倉院展の終わる時間が時間なので、念のため、夕食をキープしておいたのでした。目の保養のあとは、お腹も満足させてあげなきゃね。食べたのは9時を回っていましたけど、わさびのさっぱり味で、美味しくいただきました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/244

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!