シンの跡

| コメント(0) | トラックバック(0)

sin0530.jpgパパの部屋からあまり出てくることのなかったシンですが、シンがいた跡は、しっかり残っています。そう、この壁の見事なまでの削り具合。これ、ほとんどシンの仕業なんです。大人しそうな顔して、実はとんでもないお転婆さんで、柱によじ登るべく、飛びついていたらしいです。見てわかるとおり、猫が飛びつけるような柱は、ここにはありません。無残な削り跡として残ってしまいました。

かなりきわどい場所ですが、一度も階段から落ちることなく、壁だけずるずる削っていったらしいです。他のコが真似しなかったのがせめてもの救いですが、これはもはや修復不能。絶対忘れられない跡となってしまいました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/205

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!