花のまわりみち

| コメント(0) | トラックバック(0)

造幣局の八重桜といえば、大阪の「桜の通り抜け」が有名ですが、広島の造幣局もほぼ同時期に「花のまわりみち」として公開しています。今年は運良く、最終日に見ることができました。

sakura0421a.jpg
花のまわりみちの案内看板

sakura0421b.jpg
構内をぐるりと回遊するように桜が植えられています。

sakura0421c.jpg
花弁の多い、松川

sakura0421d.jpg
緑系の桜、鬱金

散り始めながら、木として見事だったのは、「思川」でした。そして、やはり目立つのは、「関山」と「普賢象」です。花としての寿命が長いのか、それとも公開の時期に一番咲きやすいのか。大阪でもこの二種類が目立っていたと思います。

大阪との一番の違いは、訪問者数です。最終日は、平日ということもあるでしょうが、5千人程度でしたから、かなりじっくり眺めることができました。のんびり散策するには、もってこいの場所です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/200

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 489
■コメント数: 36
■トラックバック数: 1

■Thanks!