文旦

| コメント(0) | トラックバック(0)

早春の柑橘と言えば、高知特産の文旦!毎年、白木果樹園さんから取り寄せていますが、露地物の解禁が2月の立春頃というのも春を感じやすい設定です。ただ、問題は、普通サイズのものは、私には大きすぎて皮を剥くのが大変なんですね。ジャム作りの好きな人ならヨダレモノの皮ですが、非力な女人にとっては、手間が掛かって面倒くさいだけ...。なので、敢えて、「ハネモノ」とか「ワケアリ」で販売される小さいものが出るのを待って注文しています。これなら、八朔を少しごつくしたくらいの皮なので、なんとか剥くことができるんです。

food0310a.jpg
爽やかな香りを放って、文旦登場!

food0310b.jpg
剥きやすくなったといっても、もとがヘタで不器用なので、まともな形では食卓に上りません。

こんな状態で、見た目にはアレですが、味には変わりないし、剥いておくと、いつの間にか誰かが食べてなくなってます。力のあるヤツは、自分で剥け!

文旦の甘味は、ショ糖です。果糖ではありません。なので、糖の気になる人でも大丈夫。安心して食べられます。毎年、わざわざ文旦を注文するのは、そういう理由でもあります。剥きやすさだけでいえば、ポンカンや伊予柑の方が楽だし、値段的にも八朔の方が財布に優しいのですけど、身体のためにちょっとした心遣い、といったところでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/183

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!