2010年2月アーカイブ

昨日の夜から、いろいろとアピールしている父の熱意にほだされ、期間限定いちごのタルトをホールで買ってきました。もちろん、お名前入り。今の時期にケーキをホールで買う客って、「こういう需要しかない」とお店の方が気を利かせて、素早くメッセージプレートを差し出してくださいましたよ。

sweets0227.jpg
年齢は機密情報のため、名前だけのプレート。

家族の誕生日にケーキを買うことはよくありますが、メッセージプレート付きは、たぶん、初めてだと思います。これが生クリーム付きのケーキだったら、間違いなくショートケーキいろいろで終わってました。果物メインのクッキー生地なので、ホールでも食べきれるかな、と。

いちごのさっぱり酸味と生地との繋ぎのカスタードクリームの甘さがちょうどよくて、夕食後のデザートにピッタリ!父も喜んでくれたし、まずまずに親孝行な誕生日だったと自負しています。

雑魚寝

| コメント(0) | トラックバック(0)

お猫さまズが、こたつに入るには暑く、布団の上に適度に丸まるのがちょうどいい感じの気候です。このまま大人しく寝てくれているのなら問題ないのですが、誰かが動くと、微妙な位置加減で、うー、しゃーの世界へ突入!
5cats0225.jpg
男のコが全面にブラリ。片隅に丸まっているのが、モモです。

黄昏れて

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっとママに叱られて、いやーんと泣きながら、二階へ姿を消したクロ。居座った先は、窓辺の箱の中です。昼間ならいざ知らず、夜は、何も見えないんだけどね。

kuro0221.jpg
箱の中にすがってそっぽを向いているクロ。
抗議しないでここにいるということは、自分の方が悪いと認めてる証拠です。

隠れたつもり

| コメント(0) | トラックバック(0)

見込み決算を控え、いろいろ清算事の続く中、お猫さまのシャッキーンも精算させていただきました。言わずと知れた、「爪切り」でございます。

fin0218.jpg
箱の中に音無で潜んでいるフィン

爪切りを始めると、それまでわらわら集まっていたお猫さまが、蜘蛛の子を散らす用に消えていきます。だからといって、放置するわけにも行かず、せっせと心当たりの場所を探し回り、捕縛して爪切り担当官の元へ連行します。

キミ達は、爪切りが終わればソレまでだけど、私らは、そのあと大掃除が待ってるんだい!

ストーカー末とは一緒のこたつになど入れない!と、断固こたつ入りを拒否したモモは、薄手のストールを掛けてもらって至極、ご満悦の様子です。
momo0216.jpg
ほっこり暖かいですわ。

暖かいのも当然。そのストールは、去年まで私が通勤に使っていた、カシミアのストールなんです。ちょっとどこぞの元気すぎるお嬢ちゃんが爪を引っかけてくれたおかげで、外出には不向きとなり、高級品に目のないモモ女王さまのお気に入りになったのでした。

早咲の梅

| コメント(0) | トラックバック(0)

早咲の梅が見頃というニュースに惹かれて、梅宮大社へ行ってきました。京都で「梅」といえば、北野天満宮が真っ先に思い浮かびますが、梅宮大社も知る人ぞ知る梅のスポットのようでした。有料の神苑内にある梅林も見事ですが、境内や鳥居周辺にある梅も彩りよし、香りよしです。

flower0213.jpg
鳥居横に咲いている紅白の梅

こちらの境内には、数匹の猫がいまして、私が社務所へ向かった時、ちょうど受付の桟にじっと居座っているコがいました。近寄っても逃げることなく、平然と寝ているあたり、天下太平で緊張感が足りないのか。それとも敵意を持っていないことがわかっていて無視されたのかは不明です。

朝一番で訪れた大覚寺での出来事です。シーズンオフということもあり、人気のあまりない寺院内の回廊をゆっくり歩いておりました。拝観順路も最後の辺りに差し掛かった時のことです。
daikakuji02.jpg
綺麗に掃除された朱塗りの床の上に、不似合いな足跡発見!

大きさは、子どもの足よりちょっと小さめ。それが、正面から横の降り口に向かって斜めに点在していたのでございます。
「子どもの足跡にしては小さいし。寺院だから早朝から掃除してあるはずだし。故意に残してあるとも思えないし。やっぱり、これって...の足跡だよねえ。」

daikakuji01.jpg
問題の建物は、こちら。
メインの回廊から少し外れて、どちらかというと山手寄りというか、外の林に近いというか。朱塗りの床でなければ、見過ごしていたかも知れないんですけどね...。

モモがゴハンを食べに行った隙を突いて、フィンがクッション枕に居座りました。ちょっといい感じなのでカメラを向けると...。
fin0209a.jpg

ふいっと顔をそらすフィン。
fin0209b.jpg

こっち向いて?と言ってるうちに、そそくさとどこかへ消えてしまいました。用事のない時は、ちゃっかり人の部屋に入り込んでくるくせに!入場料、払いたまえ!

ママを枕に

| コメント(2) | トラックバック(0)

我が家に来て、すっかり大型猫化してしまったマミとシン。来た当時は、3kg未満の小さな猫だったのに、今では3kgを軽く超えています。そして、相変わらずの仲良し親子。でも、いつも居る場所は、こたつの中→こたつの上の箱→パパのベッドの上、と明るい方へ変わっていきました。母親のマミは、リビングでももうろうろするようになったし、満員御礼の妹の部屋にも入り込んでみたり、人懐こさをアピール中。一方のシンは、壁にジャンプしたり、柱によじ登ろうとしたり、人が見ていないと結構、お転婆さんらしいです。

2cats0206.jpg
母親のマミを枕に寝ている娘のシン

仲睦まじく

| コメント(0) | トラックバック(0)

立春になったというのにかえって寒さが厳しくなったように感じますが、お猫さまが「こたつむり」より外の毛布で丸まっているのをみると、やはりそれなりに暖かくなっているのだと思えてきます。
2cats0204.jpg
トモと末、キス寸前!?

こたつの中でもよくお互いを枕にしあって寝ている二匹ですが、こたつの外でも同じように寝ていることが多くなりました。女のコ同士はここまで接近して寝ることないんですよね。男のコの方が寒がりだからなのか、それともキケンな香りの世界へ足を踏み入れているのか。とりあえず、寝ている時は天使様です。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!