2009年4月アーカイブ

ゴールデンウイークの始まりは、全国的に雨模様でしかも気温が低くうすら寒いスタートです。寒いのが嫌いなお猫さまは、我一勝ちに暖かくて居心地のよい場所をそれぞれキープ。あぶれたコが入れ替り立ち替りママのそばをウロウロしています。あわよくば、膝の間に入れてもらおうという魂胆。でも、そこは、だいたいクロさんの定位置と決まっている。

パパの部屋に居場所をキープし損ねた末は、リビングでこたつ側のまくらをキープ。お猫様用にいくつか大きめの枕が用意してあるんですが、いちばん人気がこの枕です。一応、安眠枕の謳い文句が付いていたっけ。
sue0426.jpg
末:ボクの枕は誰にも渡さん!

もみじ庵

| コメント(0)

宮島線古江駅前にある和菓子処、もみじ庵で、遅い昼食を取りました。検査あとなので、軽くにゅうめん。和菓子処では、定番のメニューですね。にゅうめんは、お出汁が薄いというか塩味がとても控えめなので、ラーメン党にはたぶんブーイングでしょう。でも、胃にはとてもやさしいので、今の私にはうってつけのメニューなのです。
セットにすると、値段に上限はありますが、店頭販売の和菓子を一品付けてもらえます。御手洗団子とか桜餅とかがお勧めかな。

店頭で販売している只今の限定品は、桜水まんじゅうと桜包みです。どちらもゴールデンウイークあたりまでだそうです。入れ替わりが、ちまきになるのかな?人気商品なのと数に限りがあるので予約を受け付けてました。桜餅は通年商品であるので除外です。このお店の桜餅は、染めてないので白いです。地元素材にこだわったら、そうなったのだとか。とても優しい味です。

food0424.jpg
やさしい味のにゅうめんと特製桜餅のセット。

花水木

| コメント(0)

今年も花水木の咲く季節になりました。春の終わりというよりも、夏の始まりを告げられたという感じです。

20度を超える日々が続くと、お猫さまも当然、よくのどが渇くようで、動きの活発なフィンなどは、しばしば水を飲むようになりました。それも、新鮮な水を要求します。これって、絶対クロさんやモモの影響ですね。
fin0419.jpg
猫だって、きれいで冷たいお水が好きだもん。

値段に釣られて業務用の冷凍海老を買ってきたのはいいけれど、家庭用と違い1回分使い切りではなく、2kgがひとかたまりになっているので、大量の海老を一息に料理することになりました。なにせ、元が冷凍だから解凍してしまうと再冷凍できないという罠。

取りあえず、鍋で茹でることの出来る大きさに分割するまでは、水で解凍。その後、2回に分けて塊を茹でました。それから、茹で上がった海老の皮をむくこと1時間。ようやく海老の処理が完了しました。

さて、ここからが問題です。
Q:手持ちの食材と合わせて何品できるのか!?
A:そのまま野菜と付け合わせて食べる、海老サラダ、海老のオムレツ、海老散らし寿司、海老のトマト煮込み

そのまま野菜と付け合わせて食べるのが、一番簡単。
だって、ホントに、お皿に並べて食べるだけです。
それでも、海老はコレステロールが高い食品ですから、一皿5、6匹が限度です。4人家族なので20匹少々しか食べられません。

次に、海老のオムレツ。
悲しいかな、これも一人分5、6匹×4なので、20匹少々。

更に、海老サラダ。
まあ、これは、いつものサラダにトッピング。せいぜい2、3匹×4人分。
今回は、チシャ+りんご+ゆで卵+梅酢ドレッシングを使いました。

それでも、まだ大量に余る...。幸い、冷蔵庫にはキノコもたくさんストックしていたので、これを全部使うことにしました。で、作ったのが、トマトソース煮込みです。
food0418a.jpg
海老とキノコのトマトソース煮込み

<作り方>
1.タマネギ(大)を薄目の櫛形切りにして、しんなりするまで炒める。
2.キノコを加え、胡椒とゴマ塩で軽く下味を付ける。
3.トマトソース(1缶)を入れて、煮る。
4.トマトソースが暖まった頃を見計らって、海老を投入。
5.ソースや醤油で味加減を調え、30分弱火で煮込む。

お皿に入れてあるので、少なそうに見えますが、カレーを作る大鍋にいっぱいあります。この休み中、まちがいなく、メインのおかずはコレです、月曜のお弁当までありそうな予感。

最後は、だめ押しに、ご飯ものにもキノコと海老を使うことにしました。
こちらで使うキノコは、軽く茹でただけです。
food0418b.jpg
海老とキノコのちらし寿司

料理している間中、台所は海老の香り満載です。
yuki0418.jpg
あたしには関係ないもーん、とそっぽを向いているユキ。
末とかチビとか、食いしん坊組は、鼻だけヒクヒクさせてました。

海老は嫌いじゃないけれど、これだけ作ったら、当分いいです。正直、私は、匂いだけで、満腹。安くてお得な業務用食材を使うときは、自分のレパートリー内でできるものだけに絞った方がよいという教訓でした。

さつき、ほころぶ

| コメント(0)

お堀の桜が葉桜に変わるのと入れ違うように、周辺のさつきとツツジが咲き始めました。日当たりのよい道路側は、週末に、はや、満開を迎えそうな咲ぶりです。

雨上がりのさつきは、雫の輝きも加わって美しさも倍増。清々しい朝に華やかさを添えてくれました。

威嚇

| コメント(0) | トラックバック(0)

喧嘩しても誰かと一緒に寝るのが寂しがり屋のお猫さまのセオリー。最近の末は、クロさんの側で眠ることが多いらしい。クロさんは、ママのお膝の上が好き。その横に、ちゃっかり末が割り込む感じです。

そうなると、それまでクロさんと蜜月だったチビが収まりません。これまでも威嚇しあっていたチビと末の仲がますます険悪になりつつあります。

2cats0415.jpg
近付いてきたチビに向かってガンを飛ばす末。
結構、本気モードで威嚇してます。

さすがにママのお膝の上では取っ組み合いの喧嘩はしませんが、うー、しゃー、と唸りあって、煩いんだな。どちらにも譲れない一線というのがあるらしい。

ちなみに、クロさんはどうかというと、まーったく我関知せず。自分の気が済むまでゆっくり寝ています。こういところが、大御所様たる大らかさなのかも知れません。

同性同盟

| コメント(0) | トラックバック(0)

タイトルの四文字熟語は、私の勝手な造語です。でも、結構意味はあってるつもり。なぜならば、我が家のお猫さまは、男のコ同士、女のコ同士だと仲良く寝てますが、異性同士だとどうも決裂っぽい。もちろん、老若男女問わず、好かれているクロさんのような例外もいますけど。
2cats0414a.jpg
末とユキ、どちらもお気に入りの枕から離れようとせず、かといって一緒に寝るそぶりもなく、微妙に距離を置いてます。

2cats0414b.jpg
末とクロだと、ひっつきもっつき?。
どうみても末がクロさんに甘えている感じ。

暑いです

| コメント(0) | トラックバック(0)

寒がりだけど、暑さにも弱い我が家のお猫さまズ。お年を召したユキは、特に暑いのが苦手です。午後からは雨が降って涼しくなりましたが、午前中はかんかん照りで、南向きのベランダは真夏顔負けの暑さでした。ガラス越しでも十分暑かったらしく、限界が来ると、さっさと見切りを付けて涼しい床に寝転び、身体の火照りを取ろうとします。
yuki0412.jpg
ぐったりと床に寝転んだユキ。
これが真夏なら、即、水につけてやらないと熱中症でえらいことになります。

猫は暑い方が平気といいますが、汗腺がないため、体温調節があまりうまくできません。夏場に熱中症で病院へ駆け込むことのないよう、気を付けてやらなくちゃね。

桜スイーツ

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の桜は、開花後に冷え込んだため、思いの外長く花は楽しめましたが、肝心の休日には雨が降ったりして、タイミング的には難しいものがあったようです。かく言う私も通勤途中にお堀の桜を眺めただけで、お花見はし損ねました。

その代わり、食べ物でしっかりお花見してます!
お気に入りのお菓子店ポワブリエールの桜スイーツは、目と香りと味と、3つ揃って楽しめました。

sakurafood0411a.jpg
1日10個限定、3日間限りの桜スイーツ。
極上のおいしさでした。

sakurafood0411b.jpg
桜のマカロン
まぶしてあるのは、桜の葉?香りがとてもよかったです。

sakurafood0411c.jpg
桜のムース
洋酒付けのチェリーが、大変香りよく、当然アルコール度も高くて、ほろ酔い気分。

毛布に御包み

| コメント(0) | トラックバック(0)

昼間こそ20度を超えるぽかぽか陽気ですが、朝晩はまだ冷え込みが厳しいです。寒がりのお猫様は、暖房が切れると、これみよがしに毛布の中へお籠もりします。
sue0408.jpg
毛布にくるまっている末。

一応、お猫様用に大判ストール2枚と毛布が2枚、別に用意してあるのですが、ふかふかの場所から順に埋まっていきます。末が入り込んでいるのは、ストールを下に敷いてある特等席。少し前まではモモが入ってました。ストーカー末は、ちゃっかりモモを追い出して残り香を楽しみながら嵌り込んだ模様です。

シフォンケーキもいろいろな種類が出回っていますが、今年のイチオシは、プランタンの桜シフォンケーキです。最近人気のもちもち生地に、桜の塩漬けがさっくり仕込んで焼いてあります。

普通のシフォンケーキは、正直、あまりもちもちタイプって美味しいと思わないんですよね。たぶん、欧風のケーキに和風のもちもち風味は組み合わせが難しいのではないかと思います。バターたっぷりに、もちもち生地ってやっぱりヘン。

しかし、和風テイストたっぷりの桜シフォンケーキは、見事にもちもち生地とマッチしていました。きっと桜の塩漬けで、さっぱり仕上がっていたからではないかしら。 
sakuracake0407.jpg
桜をバックにシフォンケーキ。

sakuracake0407b.jpg
赤く見えるのは、ジャムではなくて、桜の花びらの塩漬けです。

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 576
■コメント数: 37
■トラックバック数: 1

■Thanks!