広島牡蠣うどん

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年も牡蠣の美味しい季節がやってきました。一番の売れ筋はお歳暮や年末年始の頃らしいですが、本当に牡蠣が美味しいのは寒になってから。身の詰まり方とか味の深さとか、全然ちがいます。

新鮮な殻付きをダイナミックに炭焼きしたり、酢牡蠣にするのもいいけれど、手間がかかるし後始末が大変なので、手軽に食べるならやっぱり鍋物になるんでしょうね。でも、我が家は鍋が嫌いなので、一番よく使うのがうどんとの組み合わせです。
food0117.jpg
手鍋ひつで出来る、簡単うどんのシリーズが地元から出てまして、そのなかのひとつ、広島牡蠣うどんをよく利用します。

ここのうどんシリーズの特徴は、乾燥うどんなのに水洗いしなくていいところです。出汁がうどんに練り込んであるので、うどんを茹でる=出汁もでるという図式。もちろん、食べやすいようにつゆもついてます。

うどんの具ですが、最近は、牡蠣+ほうれん草+かまぼこ+とろろ昆布が多いです。麺類の薬味といえば、ネギが一般的ですが、鍋用のネギばかりが目に付くので、もっぱらほうれん草と春菊を使ってます。小松菜とか水菜でも美味しいけど、それをいれるなら鍋焼うどんだろって突っ込まれました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/13

コメントする

About

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.1
(過去log2004-2008)

■推奨ブラウザ:Firefox
■新着情報をGET!
RSS
ATOMフィード

アーカイブ

Twitter

Banner

MT4i

猫派の読書空間 for i-mode

フィードメーター - 猫派の読書空間

あわせて読みたい

Powered by Movable Type 5.04

アイテム

  • chibi1221.jpg
  • 2cats1220.jpg
  • cake1219.jpg

最近のコメント

BlogStats

■エントリー数: 461
■コメント数: 38
■トラックバック数: 1

■Thanks!