枕元に一冊の最近のブログ記事

アメリカで70年以上もロングセラーを続けるナンシー・ドルーの新シリーズがめでたく邦訳されたので興味津々でゲット!初期の56作品しか知らなかったので、ナンシーの現代っ子ぶりに驚くと共に、時代の変化に対応して今もなお書き続けられているシリーズの強さを垣間見たように思いました。

まず、変わらないのはヒロイン・ナンシーの基本的な性格。正義感が強くて大人顔負けの智恵と行動的で謎を解き、事件を解決に導く手腕です。そんなナンシーを取りまく親友のベスとジョージ。初期シリーズでは美少女とボーイッシュな親友という位置づけでしたが、新シリーズでは、ベスは車の修理に詳しく、ジョージはコンピュータに強いというサポート要素が付加されてます。そして、ナンシーには大学生のボーイフレンドが!!でも、食べることと読書が趣味の彼氏って、普通は彼女側の位置づけでしょ(笑)。

「ファベルジェの卵」はロシアのニコライ2世縁のイースターエッグにまつわる謎解きです。現場に居合わせた4人のフランス人の青年の家の事情など絡んだお話でした。行動力より推理力重視の展開です。同時進行で別の事件も発生していて、ふたつの事件を交差させながら解決に導いていきます。

「戦線離脱」は、チャリティーの自転車レースに出場することになったナンシー達にトラブル続出!最後には賞金まで盗まれてレースそのものに危機が訪れます。こちらはナンシーの行動力が余すところなく発揮されて事件が解決するので、颯爽とした展開が好きな人には好まれる内容だと思います。反面、ミステリー度は低いです。

初期シリーズも新シリーズにも共通しているのは、ミステリーでありながら、「殺人などの残酷なシーンがない」ことです。保守的だと言われるけれど、古きよき時代から続く勧善懲悪の児童書というジャンルを一貫して守ってきたことが、ロングセラーとして続いてきた理由ではないかと思いました。

43230666194323066627ナンシー・ドルーファベルジェの卵
ナンシー・ドルー戦線離脱
キャロリン・キーン 甘塩 コメコ 小林 淳子
金の星社 2007-03

by G-Tools

卵の日

| コメント(0) | トラックバック(0)

巨大な次空間に蝕まれ、今にも消滅しようとしていた世界で、わずかに残された人類は、もてる技術の全てを費やし、世界を守るために人工生命体「外人(がいと)」を作り上げます。数少ない外人の中でも更に少ない称号付きの守護者4人とただ一人の女性の「描き手」ヴァイスが出会ったところから物語が始まります。4人の守護者はいずれも曲者揃いですが、中でも能力未知数のアートルムは、ヴァイスにいわゆる一目惚れ状態で、能力を発揮したり暴走したり。気になるのは、リーダー格のオールとヴァイスとが同じ言葉を知っていることです。

生きることなんて、言うほど簡単じゃないけど、考えるほど難しくない

彼らの関係を含めてキーワードになりそうな言葉です。

エピソードは、ヴァイスが受けた依頼に4人が護衛するか、4人が受けた依頼にヴァイスがくっついて行くかで始まり、次生(魔物)と戦うシーンが結構派手。スプラッタ苦手な人には向かないかもしれません。でも、それを差し引いても会話が楽しいし、じっくり読ませてくれるのでストーリー重視派にはオススメです。

ヴァイスもただ守られているだけの存在ではなく、まず自分で身を守る術を心得てます。その上で、4人と接しているので、守護者の方がむしろ押され気味の感があります。おちゃらけているようで、命の重みをしっかり感じさせてくれる作品です。

昔、2巻まで出ていて、それもいいところで切れてた作品が新装版で出版されたものです。今度は是非、結末まで出して欲しいです。

卵の日卵の日
直野 儚羅
リブレ出版 2008-03-01
ゼロコミック
by G-Tools

古時計の秘密

| コメント(0) | トラックバック(0)

正義感が強く好奇心旺盛な少女ナンシーが、大人顔負けの活躍で事件を解決する「ナンシー・ドルー・シリーズ」が東京創元社から発売になりました。全巻揃えば40巻以上の大作ですが、果たしてどこまで出してくれるのかファンとしては先行きが気になるところです。というのも、以前フォア文庫で出た時も結局6巻止まりだったんですよね。古い作品なので現代にそぐわない部分があるのは確かだし、ITに裏打ちされた怪盗ものが人気シリーズになるご時世だから、ヒットする作品とは言い難いのも事実です。でも、学生探偵の走りとして読めば、今時の作品の原点を感じられるのではないかと思います。

ナンシーの行動力を培ってきたのは、弁護士である父親が非常に娘の行動に理解を示してくれたことが大きいです。例えば、ナンシーは自動車を運転しています。今でこそ18歳で運転免許を取るのは珍しいことではありませんが、当時のアメリカでもかなり画期的な設定でしょう。とにかくナンシーは高校生であってもガチガチの規則に縛られている現代とは比べものにならないくらい行動範囲が広いんです。キャラクター達が、自由闊達にのびのびしています。

シリーズの事件は、地元の遺産争いから、組織的な犯罪事件まで性質が幅広いので、全部が好きでなくても好みのエピソードがひとつやふたつはあるでしょう。私はトリックものより、組織的な犯罪に巻き込まれて解決していくパターンが好きです。敵の基地に潜入したり、警察と協力して犯人を捕らえたり、本格的な探偵も顔負けの活躍をしてくれるエピソードをもう一度是非読みたいので、そこに行き着くまでのシリーズを発行してもらいたいです。

4488250033古時計の秘密
キャロリン・キーン 渡辺 庸子
東京創元社 2007-11
ナンシ・ドルー18歳。金持ちの老人の遺産を、強欲な親戚一家がむりやり独り占めして、そのために、これまで老人に援助の手を差し伸べてもらっていた人々が困っているらしい。みんなに遺産がいきわたるようにすべく、ナンシーは隠された遺言書捜しに奔走する。正義感が強く好奇心旺盛なナンシーが、大人顔負けの活躍で事件を解決する。長年にわたり世界中の人々に愛されてきた、少女探偵ナンシー・ドルー・ミステリの記念すべき第一作!

by G-Tools

マクロビオテック関連の料理本です。難しい理論は置いておいて、食物を「陰」と「陽」に分け、そのバランスを取るような食事が紹介してあります。一例を挙げれば、揚げ物は「陽」で野菜サラダは「陰」。両方をバランスよく取ることで健康食になるというわけです。個別の食物についての陰陽の分類はあまりしてありませんが、四季を通しての食事バランスが紹介してありますので、旬の素材で感覚的にわかります。逆に言えば旬の素材を使えば、だいたいで陰陽のバランスを取った食事が作れると思います。

料理のカラー写真は最初の数ページだけなので、見た目はかなり地味です。しかし、体質に応じた出汁の使い方や野菜を丸ごと使う料理が多いので、私には作りやすい構成です。また、アレンジもしやすい。素材がコレでなければダメということもないので、あり合わせで作りやすいというのもポイント高し。お洒落な料理より、作りやすくて素朴な料理の本です。

4763195530からだの自然治癒力をひきだす「基本のおかず」―食事の陰陽バランスが健康へのカギ!
大森 一慧
サンマーク出版 2003-12

by G-Tools

二ヶ月ぶりの彩雲国物語の新刊は、本編ではなく外伝です。既に雑誌で掲載済みの「恋愛指南争奪戦!」と「お伽噺のはじまりは」+書き下ろし「地獄の沙汰も君次第」の取り合わせです。これまでもそうでしたが、雑誌掲載の2本もちょこちょこ手直しされているので初出時と読み比べると面白いかも。後付設定にあわせて修正してあります。

メインは、もちろん書き下ろしの秀麗の叔父・黎深メインのお話です。これまで名前だけの登場だった謎の女性、百合姫の全貌が明らかになります。「お伽噺のはじまりは」とペアで出されたのも納得。そして、なぜこの時期なのかも何となく理解できます。おそらく百合姫の存在が本編の伏線になるんじゃないかと。ただ、より理解するには雑誌掲載のみで文庫本未収録の「鈴蘭の咲く頃に」を読んでないと難しいかも。だって、いきなり「お手玉」ネタが出てくるんだもん。

それはさておき、天上天下唯我独尊な黎深のヨメになった百合姫は、よくできた女性です。紅家には我が侭な次男を支える三男坊がいますが、その彼をしても押さえられない黎深に必要とされるなんて、この上なく不幸な身の上と言えなくもないですが、百合姫はその人生を自分で選びました。その選び方もかなり黎深のワガママに振り回されてますが、自分の居場所を確認できる代償というところでしょうか。作中、一番気の毒なのは黄奇人です。彼の仮面の謎も判明します。全部、黎深が悪い!そして、それを黙認することになってしまった悠舜も罪は重いぞ~。

4044499152彩雲国物語隣の百合は白
雪乃 紗衣
角川書店 2007-11-01

by G-Tools

暗号解読

| コメント(0) | トラックバック(0)

考古学が好きでロゼッタストーン関連の本なら何でも読みたい症候群に陥っていた時に手に取った1冊です。かのシャンポリオンがいかにしてロゼッタストーンを解読するヒントを得たか、それを少し違う角度から捉えていた内容でした。多くの古文解読解説本は、当然古文の解読にいたる過程や考え方が中心です。本書もそういった内容に触れられていますが、考古学的な見地ではなく、数学的要素を持った暗号解読法からの考察でした。

未開読文字を読み解くのと暗号を解読するのとは、考え方が非常に似ています。暗号は、いかに解読されないようにするか人為的に操作されているわけですが、失われた文字は意図せずして意味がわからなくなっている。方向性は違えど、解読するための苦労は同じです。

暗号といえば、スパイの暗躍する世界が一番に思い浮かびますが、IT技術が進歩したセキュリティにも必須です。むしろ現代人は、セキュリティ対策で日常的にお世話になっています。巻末には、そういった最新の暗号化技術のことが記されていて、情報処理を学んでいる人へのうんちくネタに使えます。もっとも、普通、暗号化の処理なんて仕組みを理解する必要なんて無いんですよね。知らなくてもセキュリティはできる!やっぱりスパイ小説の世界にどっぷり浸かる予備知識として読む方が面白いような気がします。

4105393022暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで
サイモン シン Simon Singh 青木 薫
新潮社 2001-07-31

by G-Tools

青春の階段を一歩登ったところで終わった「由似へ…」の続編が出ました。今度は少女コミックではなく、レディースコミックです。ヒロインの由似は、高校生から一気に社会人へステップアップ。初心貫徹で、看護師の道へ進んでいます。しかも、小児科希望。いかにも由似らしい選択です。そして、相手の慎司くんも獣医として着実なる一歩を進めていました。

ふたりの間が恋人同士のままなのは、由似の祖母が痴呆症のため、その看護問題が絡んでいたからでした。由似を育ててくれたしっかりもののおばあちゃんが由似を「由布子」と思いこんでしまっている。医療現場のプロだからこそ抱えてしまう葛藤や家族としての悩みが物語の中に織り込まれています。結局、ありのままを受け入れることで由似と慎司は結婚しますが、由似を取りまく環境はまだまだ風にさらされそうです。温和な風だけでないから、「風のなかで」というタイトルがついているんでしょうね。

現在3巻まで出てますが、その間に由似は、出産、祖母との別れ、父を支えてくれた女性との出会い、13歳の時死なせてしまった平林渉の家族との触れ合いなど、いろいろな経験をしていきます。あと忘れてはならないのが由似の親友である宮田さんのこと。彼女の中で「由似のパパ」は常に理想の男性の位置を占めてるようで、その恋模様は潔いのだけど哀しさがつきまといます。しっかりものの宮田さんにも是非幸せになって欲しいんだけど、相手がなあ。人の恋にはとやかく他人が口を挟むことができません。

4088624823由似、風のなかで
大谷 博子
集英社 2000-02

by G-Tools

2007年の今では、タイトル的にかなりNGですが、雑誌に掲載されたのが1990年代ですので、その時代の「常識」をまず、念頭に置いておくのが第一点。そして、レディース雑誌にありがちな恋愛ものとは方向性が異なる作品であることが第二点の注意事項かな。タイトルだけみたら、絶対恋愛ものだと思いますよ。でも、実際は、お見合い4ヶ月で電撃結婚したカップルがいろいろな問題を乗り越えながら家庭を築いていくというホームドラマです。結婚式までのトラブル、新婚旅行でのハプニング、姑との同居問題に、仕事一途で古風な旦那とのすれ違いと、現代にも通じる家庭の問題目白押し。それをヒロインの如月さんがひとりではなく、夫の幸一とふたりで解決していくところに心暖まるものを感じます。

私が一番好きなエピソードは、如月さんが元職場の後輩に誘われて行った合コンで出会った医者が、別の患者絡みで幸一と知り合い、夫婦それぞれからノロケを聞かされ、自分の恋愛を見直す話です。幸一のお人好し性格が功を為したエピソードなんですが、そういう流れの話が多いのもこの作品の特徴です。古風なところがあるけれど、学力はあるけど出世に無欲で愛妻家。旦那にしたい男性像ナンバーワンかもしれません。

4821181991適齢期の歩き方 (全6巻)
池田 さとみ
ぶんか社 2005-09
(ぶんか社コミック文庫)

by G-Tools

星くず

| コメント(0) | トラックバック(0)

読む順が後先になってしまいましたが、「由似へ…」では亡くなっていた由布子が主人公の青春記です。心臓が弱くて学校も休みがちな由布子が出会った都築宏司は、不治の病と言われていた白血病を患っていました。なんたって20年以上も前の作品ですから、病気や治療法については現代の常識で突っ込んではいけません。

余命を知りながら懸命に生きていく宏司に由布子は次第に惹かれていきます。宏司は全てを明らかにした上で由布子との付き合いを認めてもらいに単身で由布子の両親に会いに来たり、とにかく潔さが半端じゃない。「悔いは残すなよ」という反面で「星になってラブサインを送る」と言う宏司。これぞ少女コミックの王道といえる作品です。

宏司の死後も物語は続きます。ヒーロー殺しちゃってどうするんだ?の疑問に応えるべく登場したのが香坂茂です。「宏が太陽なら茂さんは水」と由布子が言うように、深い愛で由布子を癒し、支え、生涯の伴侶となる男性です。もっとも登場時は危なっかしげな兄ちゃんでしたが。それがすばらしく出来た男になるんですから、人生ってわからないもんです。宏司を亡くして以降の由布子は、ただ生きているだけでなく、生きていると実感できる手応えのある人生を送りたいと願い続けてきました。病気であっても心豊かに生きること。現代人に忘れがちな人生観を気づかせてくれると思います。

40861734254086173433星くず (上)   (下)
大谷 博子
集英社 1997-11

by G-Tools

由似へ…

| コメント(0) | トラックバック(0)

「由似へ…」を初めて読んだのは、別冊マーガレットに連載中の最終話でした。いきなり交通事故のシーンから始まっててすごい衝撃を受けた記憶があります。ヒロインの由似がどれほど自分を責めたか、身につまされます。その由似を救ったのが亡き母からの手紙でした。誕生日ごとに書かれた手紙は、その年の由似がこうだろうという状況にドンぴしゃで、幼子を残して逝ってしまった母親の愛情がひしひしと伝わってきました。それまでホームドラマ的な作品は陳腐な印象が強くて敬遠していたのですが、「由似へ…」で認識を改めさせられました。

ヒロインは由似ですが、手紙を通じて前作「星くず」のヒロイン由布子の存在感が恐ろしく強いです。由似の周りを埋めているキャラがみんな由布子と関わりがある人ということもあるでしょう。形は違えど、由布子の生き方に影響を受け、その心を受け継いだ人達が大勢います。中でも小野木卓也は、初心貫徹、心臓外科医で再登場。年の差カップル好きな私としては、幼馴染みの慎司くんより卓也お兄ちゃんを選んで欲しかったなあというのが本音です。

あとがきで作者も語っていますが、由布子と由似を超えるキャラはたぶんいないでしょう。長期連載が続いている翔子シリーズやペンションシリーズにしてもどこかに共通点があります。それが大谷作品の特徴であり、人への優しさを追求した形だと思うのです。其の手の作品は教訓めいていて好きになれない人もいると思いますが、悩みながらも他人に優しく生きていくヒロイン達が大好きです。

4086173441由似へ… (上)   (中) (下)
大谷 博子
集英社 1998-02

by G-Tools

お知らせ

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書空間Ver.2
(2009-現在)

■推奨ブラウザ:Firefox

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25

The list of "枕元に一冊"