TOP > グルメ > ヘキセンハウス

ヘキセンハウス

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヘキセンハウスもしくはヘクセンハウス。「Hexenhaus」と綴ることからわかるように、北ドイツのお菓子です。最近はクリスマスになるとドイツ系のお菓子屋さんもしくはクッキー専門店で見かけるようになりました。小さなものでも芸術品ゆえにそれなりのお値段がしますから、量と見栄えを重視するお子様のいる家庭にはちょっと不向きなケーキかな。同じ値段でイチゴと生クリームのホールケーキが買えますからね。とはいえ、クリームこってりのケーキは微妙だけど、見た目を楽しみたい大人にはオススメのお菓子です。

主な材料は、蜂蜜入りクッキーで家の形に組み立て、まわりをかわいい小人さんやプレゼントで飾ります。もちろん、飾りも全部食べられます。ここで使うクッキーは原則バターを使わないので、いつも食べ慣れているクッキーとは味がかなり異なります。個人的な感想ですが、八つ橋を少し柔らかくした感じ?今回のは、ニッキとシナモンがほんのり利いて甘味が抑えられてました。

chrismascake24.jpg
解体するのにかなり力を必要とします。父が力任せに引っ張ったのでは解体できませんでした。そのくらい硬いです。もちろん、コツがあって、組み立ての砂糖部分をテコの要領で切り崩すときれいに外れます。また、そのままではとっても硬いですが、珈琲などに浸すと簡単に柔らかくなって美味しく食べられます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://meatia.net/mtcom/mt-tb.cgi/601

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

お知らせ

■お猫さま至上主義です。
このBlogについて
プロフィール
メールフォーム
猫派の読書週間Ver.2
(2009-現在)

■推奨ブラウザ:Firefox

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.25